シャトー・デュドン キュヴェ・ジャン・バティスト・デュドン2000

ヤフーショッピングのお客様からのレヴュー
https://shopping.yahoo.co.jp/review/item/list?store_id=wine-echigoya&page_key=jean-baptiste-dudon
で「商品管理が悪いのでしょう。
コルク栓が乾燥しており抜くことができませんでした。
オープナーを使っても、ボロボロと細かく砕けるばかり。
ここまで酷い状態は初めてです。
コルク栓をビンの中に落とし、ろ過して飲みました。」

とあったので、販売を休止して試飲してみた。

2000ヴィンテージなので、ネゴシアンの保管状態が悪いのかと思ったが
このコルクのどこが乾燥していてボロボロと細かく砕ける状態なのだろう?
これだけ良い状態なのに
a0088939_15515547.jpg
a0088939_15525241.jpg
a0088939_15531713.jpg

ロングコルクなので、途中で抜こうとすると折れる場合があると思うが。
お客様のものだけ乾いていた?
一緒の箱に入っていたのでそれはないだろう、ブショネなら考えられるが。

a0088939_15540916.jpg
澱の状態も一辺に集まっているので、静かに保存されているのがわかる。

そしてワインの状態。
素晴らしく鮮やかなガーネットで熟成も完璧。
あとから上質な樽のニュアンスがほのかに香る。
a0088939_15535368.jpg

試飲会から帰ってきた後で、コルクが乾いている状態を予想し
ワインの劣化も考えられたので、用意した食事はコレ
a0088939_15545470.jpg

冷凍ハンバーグを皿にとり、水、調味料を入れてレンチンしただけ。
この完璧なワインに対してなんと失礼なマリアージュだったことか。

a0088939_15553224.jpg
シャトー・デュドン キュヴェ・ジャン・バティスト・デュドン2000
自信を持って販売開始ができる。
これらの写真も掲載するので、販売開始までもう少々お待ちを。
www.wine-echigoya.com/SHOP/jean-baptiste-dudon.html


[PR]
# by youlovechiko | 2018-02-28 15:57 | 商品紹介

ジビエはないので鶏肉で

a0088939_11283603.jpg
エチケットの写真は野雁だそうだ。
北ヨーロッパの顧客から狩猟シーズンをターゲットとした商品を開発してほしいとの要望で造ったワイン、その名もハンティング・シーズンを開けた。

このワイン、カベルネ・ソーヴィニヨンにボナルダをブレンド。
ボナルダはイタリアでは「クロアティーナ」とも呼ばれている黒葡萄品種。
まろやかさや厚み、複雑さを加える葡萄であるが、カベルネとのバランスが悪い。

早めに抜栓するか、グラスに注いでおくとよいと思う。
バランスが整ってくると、カベルネの骨格にうまく厚みが加わり美味しく飲める。

a0088939_11290321.jpg
ジビエはないので鶏肉でトマト煮を作る。
味はバッチリだったが、ワインとのバランスはまずまずでバッチリには?マーク。
トマトより醤油系の味、すき焼きとか照り焼きとかの方が合いそうなワインだった。

[PR]
# by youlovechiko | 2018-01-19 11:33 | 生活

お正月も終わり最初のワインは

買い物に行けず冷蔵庫の残り物で
冷凍ハンバーグを煮込みハンバーグに。

タマネギ、ニンジン、キノコを沢山入れて
ソースの味の決め手はバルサミコ酢少量で整えて。
ソースがバッチリできてまずまずの味。

a0088939_10225519.jpg
飲んだワインはスペイン、トロの
ボス ティンタ・デ・トロ2012
www.wine-echigoya.com/SHOP/bos12.html

甘いベリー系の果実香や果実味と
樽の香りが程よく感じられる。
冷凍ハンバーグではちょっと失礼なワインだった。

[PR]
# by youlovechiko | 2018-01-12 10:25 | 生活