アルザス・ローヌ試飲会



a0088939_1913503.jpg

ソペクサ主催のアルザス・ローヌの試飲会に八芳園まで行ってきた。
白金台の駅前なのに、広大な庭園があり素晴らしい環境。
しばし雨の景色に見とれながら会場へ。

アルザスワインといえば辛口のリースリングが思い浮かぶ。
日本料理にも合う万能な白ワインだが、イマイチ人気が薄い。
ヴァン・ダルザス・リースリング

クレマンも美味しいけど、ブルゴーニュのクレマンには一歩ゆずる。
クレマン・ド・ブルゴーニュ

ということで、結局ローヌの赤ワインがメインとなった試飲会。
あいうえお順でブースが並んでいたので
取り扱っているワインの試飲が順調にできた。

まず、「いずみしょうじ」のブース。
リュベロンのギョーム・グロのワイン


a0088939_19251750.jpg
ドメーヌ・ギョーム・グロ リュベロン2009
以前のプックワ・パのような濃い色のワインを想像していたが
グルナッシュ主体のガーネットや茶色がかった色のワイン。
凝縮した果実味だがまだワインが若く、もう少し飲み頃は先になるだろう。



a0088939_19353127.jpg
ドメーヌ・ギョーム・グロ リュベロン・リュー・ディ コトー・ド・ララ2009
最良作年に限って造られるドメーヌのプレスティージュ・キュヴェ、コトー・ド・ララ

凝縮感が半端じゃない、すごいワイン。
しかし、タンニン分も半端じゃない、すごい量。
口の中がシブシブになるので、これはかなり熟成させた方が良い。
ワインに負けないような鴨肉なんかあれば最高のマリアージュとなるだろう。

次はお隣「いなば」のブース
ローヌワインで稲葉といえば「サンタ・デュック」
取扱いのあるジゴンダス・トラディション2009から


a0088939_1944956.jpg
ドメーヌ・サンタ・デュック ジゴンダス・トラディション2009
さすがサンタ・デュック。
若干若さは感じられるものの、バランスが素晴らしく、今でも美味しく飲める。
さっき紹介したギョーム・グロはこのサンタ・デュックを手本にしたとか。
ローヌの美味しさが「ギュッ」と詰まったワインだ。

次はジゴンダスのプレステージュ・キュヴェ、オート・ギャリーグ


a0088939_19481688.jpg
ドメーヌ・サンタ・デュック・ジゴンダス プレステージュ・デ・オート・ギャリーグ
パーカーさんが2010ヴィンテージに97点もつけたもんだから2010は完売
なかなか入荷してこなかったのだが、2006のバック・ヴィンテージが出品されていた。


a0088939_19504765.jpg
ドメーヌ・サンタ・デュック・ジゴンダス プレステージュ・デ・オート・ギャリーグ2006
熟成してきているのか、バランスがよくとても美味しい。
営業に聞いてみて、在庫があれば買う予定。

サンタ・デュックのワインはテーブルワインのエリタージュの上がジゴンダス・トラディションと、取扱いのワインに中間の価格のワインがなく探していたところ
好都合に出品されていたのが、2007のグレート・ヴィンテージのヴィエイユ・ヴィーニュ。


a0088939_19565534.jpg



a0088939_19575351.jpg

非常に上手く造っている。バランスがいいし、果実味も豊か。
上代が1,785円ってのも魅力。これも買うか?
あれもこれも欲しくなるから試飲会は慎重に吟味しないと。
明日は銀座で試飲会。
[PR]
by youlovechiko | 2013-09-25 20:04 | 試飲会・セミナー
<< クラレット・リゼルヴァで鉄板焼き ベルナドットで鉄板焼き >>