イタリアワイン試飲会の続き



a0088939_12121877.jpg

エレガント系サンジョヴェーゼのあとはパワフル系サンジョヴェーゼ。
ポッジョ・ベルタイオのチンボロ

同じサンジョヴェーゼという品種で、こうも違うワインができるのか!?
というくらい違い、パワフルなワインだ。

「テロワールと造り手」

こんなセミナーやれば
一番わかりやすい例じゃないかな。



a0088939_12285088.jpg

ポッジョ・ベルタイオの旗艦ワイン、クロヴェッロ

カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%のボルドー・ブレンド。
チンボロよりさらにパワフル。
タンニンの量もハンパなく凄い。
ロバート・パーカーがいうように、トップクラスのボルドーワインって感じのワインだから
1万円くらいのボルドーならこっちの方がいいね。

次はスーパー・タスカンの火付け役となったサッシカイアの産地ボルゲリ。
サッシカイアやオルネッライアと親戚筋、カステッロ・ディ・ボルゲリ。



a0088939_12421419.jpg

カステッロ・ディ・ボルゲリのセカンド・ワイン、ヴァルヴァラ

セカンドワインながら、葡萄の選別が素晴らしいためか
完熟葡萄の甘いタンニンがありフルーティー。
骨格もしっかりとしていて、造り手の丁寧さが伝わってくるワインだ。



a0088939_1251836.jpg

本日のNO.1はカステッロ・ディ・ボルゲリ・スペリオーレ

エスプレッソ誌でサッシカイアに次ぐ17.5点を獲得している。
サッシカイアは18点、オルネッライアは17点。




a0088939_1355543.jpg

前の2004ヴィンテージのコメントと同じように
完熟した赤い果実やカカオ、チョコレートの風味。
バランスは見事で、試飲じゃなくてゆっくり飲みたくなるワインだ。


最後に、バルバレスコの生産者、ソッティマーノのお嬢さんが来日していたブース。
バルバレスコの品種、ネッビオーロはタンニンが豊富なのが特徴だけど
ここのワインはさらに凄い。
葡萄のパワーがありすぎるので、ちょっと熟成が進まないと販売は難しい。



a0088939_13195377.jpg

ソッティマーノで扱っているのはドルチェット・ダルバ ブリック・デル・サルト



a0088939_13224585.jpg

こちらのワインは赤いチャーミングな果実味で人気。



a0088939_13235533.jpg

ソッティマーノのお嬢さんと
個人的にはタンニンの強いバルバレスコは好きなので
バルバレスコ・コッタをご馳走になった。
[PR]
by youlovechiko | 2013-05-23 13:28 | 試飲会・セミナー
<< ソムリエールお別れの会、そして... イタリアワイン試飲会 >>