人気ブログランキング |

ドミニク・ローラン テイスティング・セミナー


a0088939_19405318.jpg

5月24日、ホテルインターコンチネンタル東京ベイにて
ドミニク・ローラン来日テイスティング・セミナーが開催された。
ドミニク・ローラン本人に色々質問できて、大変有意義なセミナーだった。

テイステイングの始めは、日本向けに造ってもらった
ノン・ドサージュのクレマン・ド・ブルゴーニュ。

シャルドネとアリゴテのブレンドで造られたブラン・ド・ブラン
まだ若々しく、青りんごやピュアな新鮮なフルーツの酸味があり
熟成してから飲んでみたいクレマン、そんな感じがした。



a0088939_19482298.jpg


2番目はジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ2009
抜栓2時間くらいらしいが
新樽と完熟した果実の甘いチェリーのアロマが完璧に混じり合って
豊かで優雅で、素晴らしいワイン。



a0088939_19513996.jpg


3番目はボーヌ・プルミエ・クリュ ヴィエイユ・ヴィーニュ2009
ラベルが黒のワインで、この黒いラベルはドミニクがワイン造りを始めた頃
20年位前に造り始めたワインだそうだ。

素晴らしくジューシーでタンニンも柔らかく豊富。
こちらは使用済の樽熟成だそうだが、樽使いの上手さはドミニクならでは。



a0088939_2042018.jpg


4番目はドメーヌ物の新商品
ドメーヌ・ローラン ペール・エ・フィス
クロ・ヴージョ ヴィエイユ・ヴィーニュ シ・ジェネリ2009

素晴らしく逞しくて濃厚
酸、タンニン、果汁濃度、すべてが豊かで
どれが突出するでなく、バランス良く形成されている。

まだ飲み頃は先だが今飲んでも美味しい。
ドミニクが言っていたが、あと10年すれば一気にアロマが溢れ出すとの事
自分用に数本抑えたいワインだ。


ここまでのテイスティング・セミナーだけで十分満足なのに
これからドミニク・ローランのフリー・テイスティングに突入。



a0088939_20485789.jpg

コスパ抜群だったのがドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスのパストゥグラン2009



a0088939_20525750.jpg

並のジェネリック・ブルゴーニュじゃ歯が立たないくらい素晴らしい。
ガメイ70%なのに、数回スワリングするだけでピノ・ノワールの華やかさが現れる。



a0088939_20543082.jpg

ヴォーヌ・ロマネ ヴィエイユ・ヴィーニュ2009
逞しい造りであるが、個人的な好みだとジュヴレ・シャンベルタン。



a0088939_20581455.jpg

左からシャルム・シャンベルタン、マジ・シャンベルタン、ラトリシエール・シャンベルタン
グラン・クリュのジュヴレ・シャンベルタンを十分に堪能。



a0088939_2101023.jpg

テイスティング・セミナーですごく気に入ったクロ・ヴージョ
テイスティングじゃなくて本気で飲んでいる。



a0088939_2122053.jpg

2人とも1956年生まれの56歳
畑仕事がキツイでしょ?と労ったら
パソコンの仕事は大変でしょ?と逆に労われてしまった。

お互い、まだまだ現役で頑張りますよ!


有意義なセミナーのあと帰宅
帰ってきたら仕事が入っていたので終わらせるともう20時
シャワーを浴びて飲み直しは軽めの白ワインと
カッテージ・チーズに冷凍の茶豆。


a0088939_217124.jpg

これ、白ワインに結構合うからお試しを。

サリチェッラ社のモッツアレッラ・チーズにはかなわないが
モッツアレッラは月一しか入荷しないから。

サリチェッラ社のモッツアレッラ・チーズ
今度の日曜が予約締切です。
http://www.wine-echigoya.com/hpgen/HPB/entries/53.html
by youlovechiko | 2012-05-25 21:15 | 試飲会・セミナー
<< ウイリアム・フェーブル・チリ ... ヴァンサン・ジラルダン・セミナー >>