エニーラは「甘旨」

試飲会報告の第7回目
ボルドー右岸で活躍している
ステファン・フォン・ナイペルグ伯爵が
ブルガリアのベッサ・ヴァレーで造っている「エニーラ」
a0088939_12292661.jpg
エニーラ2006


電球色の照明下は関係なく赤く熟した色をしたワイン。
メルローの収斂性は感じられず、「甘旨」的なワインで
2006ヴィンテージというイメージではない。

メチャメチャ丁寧な造りをしているワインで
ブルガリアの人件費の安さの賜物だそうな。
[PR]
by youlovechiko | 2011-05-29 12:34 | 試飲会・セミナー
<< カザマッタ・ビアンコとバジルチキン ビノミオ2006はパワフル >>