連日の試飲会、ゾッコライオは良かった

a0088939_20321717.jpg

シャトー・コスが造っている「グレ」と話題の「プピーユ」
奥はプピーユのセカンド「シャトー・プピーユ」

プピーユはメルローの果実味の濃い「濃いぞ~」って感じ。
セカンドのシャトー・プピーユの方が、今飲むんだったら良いかな!?

グレは樽のトースト具合が素晴らしい。
シャトー・コスの樽使っている?って聞いたけど、詳細は不明。
近日中に販売予定。

で、取り扱いのワインを検証。


a0088939_20432938.jpg


ロ・ゾッコライオ バルベーラ・ダルバ スクレこれはコスパ抜群。
バルベーラの濃厚な果実味が味わえる。

レ・カーヴ・ド・クロシェ・キュヴェ・スペシャル
写真撮り忘れたけど、これは毎年金メダル取るだけあって
毎年安定したクオリティーで良かった。家飲みには最高だね。

コスパ抜群だったのがバローロ


a0088939_20484313.jpg

ネッビオ―ロの特徴がはっきりと出ていて、リゼルヴァ・クラスにはかなわないけど
5,000円クラスのバローロには十分対抗できる。
そんでもって、2,000円台で販売できれば、買うよね!?
2,000円台で販売予定だから乞うご期待!
[PR]
by youlovechiko | 2010-11-11 20:53 | 試飲会・セミナー
<< トゥール・サン・ボネ、メドック... カレラ・ジェンセン飲んできました >>