タグ:ピノ・ノワール ( 8 ) タグの人気記事

ドミニク・ローラン来日テイスティング・セミナー

毎年この時期になると新ヴィンテージのプロモーション?にやってくるドミニク・ローラン。
昨年は試飲会が重なりセミナーには参加できなかったが、今年はセミナー、試飲会と両方に参加してきた。

まずはセミナー。
2012年ヴィンテージは雨が多く、生産者泣かせの年のようだったが
ドミニク・ローランは逆に良い年だったと言っている。
収量はかなり減ったようだが、綺麗な酸があり果実味の凝縮したワインができたと。

本当にそうか?
まずは白ワイン


a0088939_1863133.jpg

マルサネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ ブラン2012



a0088939_1817935.jpg

ムルソー レ・フォルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012(ドメーヌ・ローラン)

どちらも色が濃く、特にムルソーは樽熟成が長いのか、ウッディな感じが強い。
ドミニク・ローランの説明によると、新樽感があまり出ないようにしているようで
飲むと本当に新樽100%?って感じの樽の利き具合。
私的には昨年までのような新樽感が欲しいところだが。



a0088939_18265127.jpg

マルサネ シャンペリドゥリ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

色が綺麗で濃い。薄い色を想像していたがまったく違う。
味わいも凝縮した果実味、さらに酸もきれい。
酸っぱい酸じゃなくて、果実味に凝縮感がさらにプラスされたような味。

このシャンペリドゥリというマルサネは
3つの地域のマルサネをブレンドして造っている。
なので、繊細な感じと力強さとが感じられる。




a0088939_18411127.jpg

サヴィニー・レ・ボーヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

ドミニク・ローランがリビングに置いておいて飲むワインだそうだ。
テロワールの特徴が例年になく際立ってできたと解説してくれた。
綺麗な果実味で繊細、飲み飽きしない、料理の邪魔をしないワインだ。



a0088939_18465292.jpg

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・カルト・ヴィーニュ2012
ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィス

白のムルソーとこのワインは息子と立ち上げたドメーヌのワイン。
華やかなアロマ、滑らかな舌触り、果実の凝縮感。

このワインを飲んだら
ドミニク・ローランが2012ヴィンテージは素晴らしいと言っている意味がわかる。



a0088939_1852168.jpg

以上で2012ヴィンテージ・セミナー終了。


続いて試飲会。
超満員のブースで、全体の写真が撮れなかったのが残念だが。


a0088939_192084.jpg

マルサネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

2011のオレンジ色のワインと違い、本来のピノ・ノワールの色。
セミナーで飲んだマルサネ同様、果実味が凝縮されたワイン。
酸もきれいで、私は2011よりも2012の方が好きかな。



a0088939_1953567.jpg

ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

大のお気に入り、ドミニク・ローランのジュヴレ・シャンベルタン。
果実味の凝縮感が素晴らしく、文句なく美味しい。
5月中旬以降の出荷だそうだ。即購入決定。



a0088939_1985379.jpg

ブルゴーニュ・パストゥグラン2012 ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィス

1/3がガメー、2/3がピノ・ノワールでできたパストゥグラン。
ピノ・ノワールの華やかさが最初に現れて
最後にガメーのチャーミングな面がチラッと出てくる。
美味しいパストゥグランだ。



a0088939_19123263.jpg

ブルゴーニュ・キュヴェ1926(MCMXXVI)2012

MCMXXVIは1926のこと。
一番古い1926年に植えられた葡萄も使用されている。
2012年の収量は20hl/ha.以下というのだから
「これってジェネリック・ワイン?」って感じの造り。

造りだけじゃなく味も凄い!
へたなニュイ・サン・ジョルジュじゃ太刀打ちできない。
価格が大幅に上がったので、最初は扱うのをやめようと思ったが
試飲してみて「即販売決定」



a0088939_19252097.jpg

ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスのグラン・クリュ・ブース。
一番奥はプルミエ・クリュのニュイ・サン・ジョルジュ オー・ダモード
真ん中がエシェゾー・グラン・クリュ アン・オルヴォー
手前がクロ・ヴージョ シ・ジェネリ

参加者の評判はシ・ジェネリが一番。
私もこれが良いと感じた。
試飲じゃなくて、ゆっくり飲みたいワインだ。




a0088939_19209100.jpg


ドミニク・ローランと
二人とも来年還暦、来年も元気に来日して欲しい。
私も元気に参加できるように、まだまだ頑張るぞ~!
[PR]
by youlovechiko | 2015-05-01 19:33 | 試飲会・セミナー

58歳誕生日はレ・ザマン・デュ・モン-ペラとサレンタイン

1月28日、めでたく?58歳の誕生日を迎えた。
57歳最後の夜、ちょうど仕事が休みだったので一人で前夜祭を。


a0088939_113445100.jpg

アメリカンビーフの鉄板焼きとニュージーランドのベビードール・ピノ・ノワール。



a0088939_11361937.jpg

ワインはこんな感じ。しっかりとした果実味で安旨のピノ・ノワール。
1,500円くらいで販売できそう。



a0088939_11375654.jpg

牛肉は塩、コショーだけでも良いがわさび醤油で。



a0088939_1147866.jpg

しいたけとわさび醤油が美味しい。



a0088939_11484560.jpg

これだけ油が飛び散るので新聞紙は必需品。

たっぷりと食べて飲んだ翌日の28日。
食欲はあまりなかったが、いざ飲み始めると食べる、飲む。


a0088939_11585028.jpg

写真右の安旨の泡、バルディビエソ・エキストラ・ブリュットで乾杯。

メインのワインは真ん中のレ・ザマン・ドゥ・モン-ペラ
グラスに注いだ瞬間から素晴らしいアロマが溢れだす。

予想はしていたが、1本では足りず次のワインへ。
ひだりのアルゼンチンワイン、サレンタイン カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァ。
レ・ザマンの後なので香りは弱いものの、素晴らしいバランスで見劣りしない。
こちらも安旨!1,700円くらいで販売できそうなので、なるべく早めに販売したいワイン。
[PR]
by youlovechiko | 2014-01-29 12:00 | 生活

コトー・ブルギニヨンと三國清三風ブリと大根の赤ワイン煮

月曜の晩餐は先日の朝日新聞「ボンマルシェ」で紹介していた
三國清三シェフの「ブリと大根の赤ワイン煮」風。


a0088939_15453978.jpg


三國シェフの言うように、「洋風ブリの照り焼き」
赤ワインで煮るからワインとの相性はすこぶる良い。


a0088939_15492087.jpg

見た目悪いがワインと一緒に食べるとすごく美味しい。

合わせたワインはブルゴーニュの新しいAOC、コトー・ブルギニヨン エルヴェ・ケルラン


a0088939_1641686.jpg
コトー・ブルギニヨン エルヴェ・ケルラン

魚だからピノ・ノワールの方が良いと思ったが
ブリの脂っこい味にはボルドー右岸のメルローみたいなワインの方が合いそう。
簡単に作れるので、ブリが美味しい今再度挑戦だ。
[PR]
by youlovechiko | 2013-11-12 16:08 | 生活

ヴィニョーブル・ギョーム テイスティング・セミナー

3月4日の月曜日、定休日返上で青山までお勉強をしに行ってきた。
JRの人身事故の影響で電車が25分以上遅れたが
それでも10分遅れで会場に到着して一安心。


a0088939_2053183.jpg

日本用に作った名詞
裏(表)はフランス語オンリー。

本日のセミナーは世界最大、最高の苗木家
ヴィニョーブル・ギョームの当主
アンリ・グザヴィエ・ギョーム氏自らが来日してのセミナー。

ロマネ・コンティだってルロワだって、ここの苗木からワインを造っている。

すでにセミナーは始まっていて、到着まもなく出てきたのがコレ


a0088939_195201.jpg

葡萄の台木に穂木を接木したもの。
数本持参してきたようだ。

まもなくして試飲しながらのセミナーへ。
2年前?に一度入荷した「ジナタンデュ」のメルローとゲヴェルツトライネール。
そして、ゲヴェルツトラミネールの先祖、サヴァニャン。
ゲヴェルツトラミネールはサヴァニャンの特別変異でできた品種だそうだ。

そのサヴァニャンを醸造法による違いから造る
パイエン(補酒したワイン)とアルシュヴェック(産膜酵母下熟成ワイン)の飲み比べ。

そしていよいよ私の一番の関心事「ピノ・ノワール」の試飲セミナー


a0088939_20111126.jpg

手前からクローン927、クローンGL、クローンGR01

927はシャンパーニュに使用するピノ・ノワールで
平均的な粒「Pinot moyen」
非常にアロマテックなピノ・ノワールで美味しいワイン

と思ったら、次のGLはさらにアロマティック。
葡萄の粒は小さい「Pinot fin」

そう、アロマティックな「ピノ・ファン」
ギョームさんが言うには
アロマティックで若いうちから美味しく飲める品種だと解説してくれた。

ピノ・ファンのワインは
ヴィニョーブル・ギョームの苗木使っているんだよ~。

最後のワインはクローンGR01
果皮を厚くして病気に強い葡萄を作った。
さらに発ガン予防に役立つ健康に良いワインだそうで
これで美味しかったら一石二鳥、いや、一石三鳥じゃないか!

で、どうか。
やっぱりアロマティックで美味しい。
葡萄の粒は極小の「Pinot tres fin」

これらをブレンドして造っているのが
スタンダードのピノ・ノワール
ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ ピノ・ノワール

美味いわけだよね。

セミナーは終了してフリーテイスティングに。
泡からスタートして2番目のセデクション・ブリュット
しっかりとしたボディと酸、単独で飲むよりも料理と一緒の方がベストな感じ。

シャルドネ、シャルドネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
ヴィエイユ・ヴィーニュは並みのムルソーより絶対美味しい!

ピノ・ノワールはやはりヴィエイユ・ヴィーニュの方が
ボディも豊かで奥行きがあって美味しい。
って、当たり前だけど、ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ ピノ・ノワールも素晴らしいワイン。



a0088939_20412841.jpg

参考出品、ピノ・ノワール コレクション・レゼルヴェ2005
やっと飲み頃になりつつあるが
2002を飲んだ時の強烈なイメージではないので、まだまだ熟成させたい。
って、ストックが残っていればの話だけど。

ピノ・ノワール コレクション・レゼルヴェ2009買ったお客様
セラーで大事に管理していれば良いのだが「胃袋」に入ってしまったか?

一通り試飲して疑問をギョームさんに質問してみた。
葡萄の果皮が硬いとアロマが乏しいワインにならないかと。

傾向としては果皮が硬いとアロマが乏しくなり易いが
ピノ・ノワールの特性がアロマとなるので、硬い、柔らかいの問題ではないと。

果皮が柔らかくてもアロマの乏しい葡萄ができる
ただ、この種は何の価値もないって笑って答えてくれた。

逆に果皮が硬くてアロマティックで美味しいワインを造る
クローンGR01を作ったギョームさんは「凄い」としかいえない!



a0088939_20541865.jpg

アンリ・グザヴィエ・ギョーム氏と


充実した内容のセミナー&試飲会で大満足。
ヴィニョーブル・ギョームの新ヴィンテージは今月下旬入荷予定。
[PR]
by youlovechiko | 2013-03-05 21:01 | 試飲会・セミナー

ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ ピノ・ノワール2009

インポーターからFAXがあり
倉庫を整理してたら、前のヴィンテージが出てきたという事で
ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ ピノ・ノワール2009を買い付けた。

2010ヴィンテージも好評のうちに完売してしまった人気のピノ。
早速試飲してみた。


a0088939_1157645.jpg
ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ ピノ・ノワール2009

コルクを開けてグラスに注いだ途端に豊かなアロマが立ち上ってくる。
大いに期待できる香り。
ワインの色も鮮やかなブルゴーニュ・ワインの色合い。

一口含んだだけで直ぐに素晴らしいワインだと感じた。
全てのバランスがよく、2010ヴィンテージを飲んだ時の
若すぎて酸が強調しすぎる気配も感じられない。

試飲はここまで。
美味しいワインは美味しく飲まないと!
仕事を離れて美味しくいただく。

トラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ
の時に食べたハンバーグが1個残っていたので
一緒に美味しくいただいた。
http://youchan310.exblog.jp/16052252/
[PR]
by youlovechiko | 2012-10-09 12:08 | 商品紹介

ヴィニョーブル・ギョームはやはり凄かった

月曜、休日の晩餐。
秋鮭のムニエル 焦がしネギオイル。
a0088939_20525183.jpg

ネギの青い部分としいたけの石づきをみじん切りにして
オリーブ・オイルでゆっくり炒めて焦がしたものが鮭の上の黒いもの。
鮭は塩、コショウして。



a0088939_20555346.jpg
ヴィニョーブル・ギョーム ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ2007

かなり秋めいてきたので、本格派のピノ・ノワールが飲みたくなった。
チョイスは
ヴィニョーブル・ギョーム ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ2007
毎年期待を裏切らないピノ。
2007年物が少量入ってきたので飲みたくてうずうずしてた。




a0088939_2104925.jpg
ヴィニョーブル・ギョーム ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ2007

ワインはまだ生き生き
ジューシーなチェリーの果実味。
後から程よい樽熟成のニュアンス。
骨格がしっかりしていて、並の村名ワインじゃ、まったく刃が立たない。

実際、昨日の火曜日
某インポーターの試飲会で飲んだ
ブルゴーニュのライジング・スター、ヴァンサン・ジラルダンの
シャサーニュ・モンラッシェ ヴィエイユ・ヴィーニュ2009


a0088939_2174110.jpg


こちらと比較しても遜色ないし、むしろ勝っている感じ。
こんなワインが2,000円台で買えるのは嬉しうね。


ヴィニョーブル・ギョームのワインは全て素晴らしいよ!
[PR]
by youlovechiko | 2011-09-28 21:15 | 商品紹介

ナリー・ヘッド ピノ・ノワール

毎回鶏肉と白ワインのブログだったので
今回は赤ワインにしようとオージー・ビーフの味付け肉を購入。
a0088939_127815.jpg


ゴーヤとピーマンも買って・・・
そしたら、訪れた姉がゴーヤ、ピーマン、しし唐を持ってきた。
なので、付け合せはグリーン・オンリー

ワインはサンプルでいただいたカリ・ピノ


a0088939_12103538.jpg
ナリー・ヘッド ピノ・ノワール

カリ・ピノらしく、やや甘味があって重厚
家飲みには良いかな?
ブルゴーニュの繊細なピノとは違う。


a0088939_12132643.jpg

ピノにしては色も濃い目。
猛暑日に飲むワインではなかったかな。
次回はまた白ワインと鶏肉復活の予感。
[PR]
by youlovechiko | 2011-08-09 12:17 | 生活

アルノー・ショパン(アンドレ・ショパン)

ブルゴーニュ・ピノ・ノワールa0088939_16443526.jpg
ニュイ・サン・ジョルジュ村近くのカンブランシアンに位置するドメーヌ・ショパン。
アルノーとアルパンの兄弟が1997年より中心となってドメーヌを運営、80歳近い祖父も現役で仲良くワインを造っている。ワイン情報誌Revue du Vin(ルヴュー・デュ・ヴァン)では、将来を担う若手造り手5人の一人に選ばれている。
ブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、ニュイ・サン・ジョルジュの区域のぶどう50%、カンブランシアン(コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ)のぶどう50%のブレンド。
2,3年樽で12ヶ月間熟成させたワインは、色濃く、アルコール分もしっかりと感じられ、タンニン分も十分で、ガッチリとした印象。ワインとしてのポテンシャル、凝縮感が高く、ジェネリック・ワインとしてのクオリティー以上の高品質。

コート・ド・ニュイ・ヴィラージュV.V.
a0088939_16505160.jpgドメーヌの最もスタンダードなキュヴェといえるコート・ド・ニュイ・ヴィラージュV.V.は、彼らが所有するニュイ地区畑の樹齢60年程度の手摘み収穫されたピノ・ノワールから造らる。
木苺やチェリーなどの赤系果実の豊かな果実味が魅惑的!
階級はコート・ド・ニュイ・ヴィラージュだが、ニュイ・サン・ジョルジュだってこれだけのクオリティーを持っているワインがどれだけあるか??

ブルゴーニュ・シャルドネ ラ・トゥレル
a0088939_16561074.jpg
ブルゴーニュ・シャルドネ ラ・トゥレルは、カンブランシアン村の平均樹齢30年のシャルドネを使って造られる。
マロラクテック発酵は樽で行い、10ヶ月熟成。
厚みがあり、とろりとしたボディ、十分な果実味、風味はフレッシュで清清しく、フィニッシュの余韻も素晴らしい。



このワインにマリアージュできる料理を、果たして作れるかな?
奥様達!!
あ!ケイタリングって手もあったか・・・
[PR]
by youlovechiko | 2007-01-14 17:06 | 商品紹介