タグ:シャルドネ ( 19 ) タグの人気記事

ドミニク・ローラン来日テイスティング・セミナー

毎年この時期になると新ヴィンテージのプロモーション?にやってくるドミニク・ローラン。
昨年は試飲会が重なりセミナーには参加できなかったが、今年はセミナー、試飲会と両方に参加してきた。

まずはセミナー。
2012年ヴィンテージは雨が多く、生産者泣かせの年のようだったが
ドミニク・ローランは逆に良い年だったと言っている。
収量はかなり減ったようだが、綺麗な酸があり果実味の凝縮したワインができたと。

本当にそうか?
まずは白ワイン


a0088939_1863133.jpg

マルサネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ ブラン2012



a0088939_1817935.jpg

ムルソー レ・フォルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012(ドメーヌ・ローラン)

どちらも色が濃く、特にムルソーは樽熟成が長いのか、ウッディな感じが強い。
ドミニク・ローランの説明によると、新樽感があまり出ないようにしているようで
飲むと本当に新樽100%?って感じの樽の利き具合。
私的には昨年までのような新樽感が欲しいところだが。



a0088939_18265127.jpg

マルサネ シャンペリドゥリ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

色が綺麗で濃い。薄い色を想像していたがまったく違う。
味わいも凝縮した果実味、さらに酸もきれい。
酸っぱい酸じゃなくて、果実味に凝縮感がさらにプラスされたような味。

このシャンペリドゥリというマルサネは
3つの地域のマルサネをブレンドして造っている。
なので、繊細な感じと力強さとが感じられる。




a0088939_18411127.jpg

サヴィニー・レ・ボーヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

ドミニク・ローランがリビングに置いておいて飲むワインだそうだ。
テロワールの特徴が例年になく際立ってできたと解説してくれた。
綺麗な果実味で繊細、飲み飽きしない、料理の邪魔をしないワインだ。



a0088939_18465292.jpg

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・カルト・ヴィーニュ2012
ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィス

白のムルソーとこのワインは息子と立ち上げたドメーヌのワイン。
華やかなアロマ、滑らかな舌触り、果実の凝縮感。

このワインを飲んだら
ドミニク・ローランが2012ヴィンテージは素晴らしいと言っている意味がわかる。



a0088939_1852168.jpg

以上で2012ヴィンテージ・セミナー終了。


続いて試飲会。
超満員のブースで、全体の写真が撮れなかったのが残念だが。


a0088939_192084.jpg

マルサネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

2011のオレンジ色のワインと違い、本来のピノ・ノワールの色。
セミナーで飲んだマルサネ同様、果実味が凝縮されたワイン。
酸もきれいで、私は2011よりも2012の方が好きかな。



a0088939_1953567.jpg

ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

大のお気に入り、ドミニク・ローランのジュヴレ・シャンベルタン。
果実味の凝縮感が素晴らしく、文句なく美味しい。
5月中旬以降の出荷だそうだ。即購入決定。



a0088939_1985379.jpg

ブルゴーニュ・パストゥグラン2012 ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィス

1/3がガメー、2/3がピノ・ノワールでできたパストゥグラン。
ピノ・ノワールの華やかさが最初に現れて
最後にガメーのチャーミングな面がチラッと出てくる。
美味しいパストゥグランだ。



a0088939_19123263.jpg

ブルゴーニュ・キュヴェ1926(MCMXXVI)2012

MCMXXVIは1926のこと。
一番古い1926年に植えられた葡萄も使用されている。
2012年の収量は20hl/ha.以下というのだから
「これってジェネリック・ワイン?」って感じの造り。

造りだけじゃなく味も凄い!
へたなニュイ・サン・ジョルジュじゃ太刀打ちできない。
価格が大幅に上がったので、最初は扱うのをやめようと思ったが
試飲してみて「即販売決定」



a0088939_19252097.jpg

ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスのグラン・クリュ・ブース。
一番奥はプルミエ・クリュのニュイ・サン・ジョルジュ オー・ダモード
真ん中がエシェゾー・グラン・クリュ アン・オルヴォー
手前がクロ・ヴージョ シ・ジェネリ

参加者の評判はシ・ジェネリが一番。
私もこれが良いと感じた。
試飲じゃなくて、ゆっくり飲みたいワインだ。




a0088939_19209100.jpg


ドミニク・ローランと
二人とも来年還暦、来年も元気に来日して欲しい。
私も元気に参加できるように、まだまだ頑張るぞ~!
[PR]
by youlovechiko | 2015-05-01 19:33 | 試飲会・セミナー

チェーロ・シャルドネ・フリザンテでグダッとした休日その2

28日の月曜日はお休みのはずが午前中は仕事に。
「日本で飲もう最高のワイン2014」で専門家審査、愛好家審査両方で
プラチナ・メダルを獲得したエニーラ2009の在庫が切れてしまったので
火曜日に届くように電話でオーダー。

カード決済の入金日だったので、入金を確認して仕入れのお支払に銀行へ。

タバコの発注をオンラインで完了させると、時間はまもなく正午。

惣菜コーナーで買ってきたメンチカツとアジフライを肴に500缶ビールで喉を潤す。
「ミヤネヤ」を見ているのか、ただ電源が入っているだけなのかウトウトしていると
すでにミヤネヤは終わっていて夕方4時過ぎ。

まもなくデイ・サービスから母親が帰ってきて
今日も先週の続きとばかりに、早目にシャワーを浴びて。

缶ビールとポテチで間をつないで
今夜のワインは「チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

夏に常備しておきたいワインなのだが問題発生。コルクが浮いている。


a0088939_18414077.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

確認しなくては!と思っていたので、2週続けての飲みの休日に。


a0088939_18431081.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ
天然コルクの時はなかった現象。
圧着して作った合成コルクになって現れた現象。

微発泡となっているが、かなりのガス圧があるので
針金で止めるタイプの栓でないと浮くのは当然か。

しかしこのコルク、ここからが大変。
ダブルジャンクション式(てこ式)のコルク抜きを使ったが
センターを外してしまったのでコルクを折ってしまった。

普通のコルクなら斜めに入っても難なく抜栓できるので
かなりきつく打栓してあるのだろう。

金曜日に妹に手土産であげたので
コルクの事を聞くと、なかなか開ける事ができなかったらしい。



a0088939_18585533.jpg

写真は樹脂でできたイタリア製だけど
同じようなのが100均で売っているので、1個持っておいた方が便利。

キャップシールをはがし、本体をかぶせてクルクルとスクリューを回せば
自然とコルクが抜ける優れもの。

みんなコレ持っていればすぐにでも販売再開といきたいが


a0088939_1931546.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

抜栓の問題があるので、現在販売を休止している。



a0088939_1953575.jpg

フリザンテを飲むと決めていたので、惣菜買ったときに調達したタコでカルパッチョ。
右はキャベツとナスの酢味噌ゴマ和え。

さあ、いただきま~す!と思った途端テレビでは


a0088939_1984880.jpg

プロレスラーの高山さんが脳梗塞になった時の事が
すべて当てはまる。

次に出てきた年配の女性の場合でも
「夜、足がつる」、「便秘になる」

どちらの場合も水分補給が全然足りていない。
自分の場合も同じ。
今日もすでにビール1Lを飲んでいるが、水は朝マグカップで1杯飲んだだけ。

ビール1Lは難なく飲めるのに、水1L飲むのは至難の業。
これからは朝、晩のカップ1杯の水と寝る前の水は忘れないように飲もう。

と心に決めて、フリザンテ1本空になって休日終了。
寝る前の水は忘れずに飲んだ。
[PR]
by youlovechiko | 2014-07-30 19:23 | 生活

ヴィニョーブル・ギョーム テイスティング・セミナー

3月4日の月曜日、定休日返上で青山までお勉強をしに行ってきた。
JRの人身事故の影響で電車が25分以上遅れたが
それでも10分遅れで会場に到着して一安心。


a0088939_2053183.jpg

日本用に作った名詞
裏(表)はフランス語オンリー。

本日のセミナーは世界最大、最高の苗木家
ヴィニョーブル・ギョームの当主
アンリ・グザヴィエ・ギョーム氏自らが来日してのセミナー。

ロマネ・コンティだってルロワだって、ここの苗木からワインを造っている。

すでにセミナーは始まっていて、到着まもなく出てきたのがコレ


a0088939_195201.jpg

葡萄の台木に穂木を接木したもの。
数本持参してきたようだ。

まもなくして試飲しながらのセミナーへ。
2年前?に一度入荷した「ジナタンデュ」のメルローとゲヴェルツトライネール。
そして、ゲヴェルツトラミネールの先祖、サヴァニャン。
ゲヴェルツトラミネールはサヴァニャンの特別変異でできた品種だそうだ。

そのサヴァニャンを醸造法による違いから造る
パイエン(補酒したワイン)とアルシュヴェック(産膜酵母下熟成ワイン)の飲み比べ。

そしていよいよ私の一番の関心事「ピノ・ノワール」の試飲セミナー


a0088939_20111126.jpg

手前からクローン927、クローンGL、クローンGR01

927はシャンパーニュに使用するピノ・ノワールで
平均的な粒「Pinot moyen」
非常にアロマテックなピノ・ノワールで美味しいワイン

と思ったら、次のGLはさらにアロマティック。
葡萄の粒は小さい「Pinot fin」

そう、アロマティックな「ピノ・ファン」
ギョームさんが言うには
アロマティックで若いうちから美味しく飲める品種だと解説してくれた。

ピノ・ファンのワインは
ヴィニョーブル・ギョームの苗木使っているんだよ~。

最後のワインはクローンGR01
果皮を厚くして病気に強い葡萄を作った。
さらに発ガン予防に役立つ健康に良いワインだそうで
これで美味しかったら一石二鳥、いや、一石三鳥じゃないか!

で、どうか。
やっぱりアロマティックで美味しい。
葡萄の粒は極小の「Pinot tres fin」

これらをブレンドして造っているのが
スタンダードのピノ・ノワール
ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ ピノ・ノワール

美味いわけだよね。

セミナーは終了してフリーテイスティングに。
泡からスタートして2番目のセデクション・ブリュット
しっかりとしたボディと酸、単独で飲むよりも料理と一緒の方がベストな感じ。

シャルドネ、シャルドネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
ヴィエイユ・ヴィーニュは並みのムルソーより絶対美味しい!

ピノ・ノワールはやはりヴィエイユ・ヴィーニュの方が
ボディも豊かで奥行きがあって美味しい。
って、当たり前だけど、ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ ピノ・ノワールも素晴らしいワイン。



a0088939_20412841.jpg

参考出品、ピノ・ノワール コレクション・レゼルヴェ2005
やっと飲み頃になりつつあるが
2002を飲んだ時の強烈なイメージではないので、まだまだ熟成させたい。
って、ストックが残っていればの話だけど。

ピノ・ノワール コレクション・レゼルヴェ2009買ったお客様
セラーで大事に管理していれば良いのだが「胃袋」に入ってしまったか?

一通り試飲して疑問をギョームさんに質問してみた。
葡萄の果皮が硬いとアロマが乏しいワインにならないかと。

傾向としては果皮が硬いとアロマが乏しくなり易いが
ピノ・ノワールの特性がアロマとなるので、硬い、柔らかいの問題ではないと。

果皮が柔らかくてもアロマの乏しい葡萄ができる
ただ、この種は何の価値もないって笑って答えてくれた。

逆に果皮が硬くてアロマティックで美味しいワインを造る
クローンGR01を作ったギョームさんは「凄い」としかいえない!



a0088939_20541865.jpg

アンリ・グザヴィエ・ギョーム氏と


充実した内容のセミナー&試飲会で大満足。
ヴィニョーブル・ギョームの新ヴィンテージは今月下旬入荷予定。
[PR]
by youlovechiko | 2013-03-05 21:01 | 試飲会・セミナー

プンタ・ディ・コーレは旨かった

休日のワインはイタリアの白、プンタ・ディ・コーレ

先日お届けしたお客様がコルクを開けたところ酸っぱいと言う事で
開けたワインと一緒に送った、手のついていないものも交換した1本。

開けたワインは案の定「ブショネ」
確率は低いものの、まったく0ではないので
当たってしまったお客様は本当に気の毒だが
こればっかりはコルクを開けてみないと判断できない。

a0088939_1723756.jpg
プンタ・ディ・コーレ2007

今販売しているのは2008なので、2007最後の1本。
抜栓直後は樽のニュアンスが強いが素晴らしいアロマ。
りんごの蜜芯、パイナップルや洋ナシのアロマと果実味が素晴らしい。

新樽熟成のとろりとした舌触りがあるが、上質な酸がしっかりとあり
格がしっかりとしていてミネラルがあるので、キレが良い。



a0088939_17291435.jpg


妹にもらったバーニャカウダがあったので温野菜と共に



a0088939_17312629.jpg


こちらも野菜たっぷり、手羽元の炒め煮?創作料理。

こんな男の料理だとワインに失礼だったかな?
樽熟の素晴らしいワインを久々に飲んだ。
[PR]
by youlovechiko | 2011-11-22 17:38 | 生活

フリザンテの季節

試飲会報告をお休みして
昨日の晩餐に飲んだイタリアの微発泡酒フリザンテを紹介。

a0088939_1224312.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ


とにかくコスパ抜群
これから暑くなってきたら、かなりの頻度でお世話になるワインだ。


a0088939_12292674.jpg

最初は鶏のから揚げの予定だった
が、急にレバーが食べたくなって急きょレバーのから揚げに。

レタスをサンチュのようにして巻いて食べる。
美味しいけど、日本酒や焼酎の方がよかった。
フリザンテにはやっぱり鶏のから揚げ!
[PR]
by youlovechiko | 2011-05-17 12:33 | 生活

ヴィニョーブル・ギョームは素晴らしい

a0088939_19462523.jpg

ロドルフ・ドゥモジョの時作ったムニエルで
ヴィニョーブル・ギョーム
ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ シャルドネ2009


a0088939_1947418.jpg
ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ-コンテ シャルドネ2009



a0088939_19491818.jpg

コルクも高級ワインに使うようなコルク



a0088939_19504464.jpg

ワインの色も黄金色に輝いて

レ・ジナタンデュ ヴァン・ド・ターブル・フランセの時もビックリだったけど
この生産者の造るワインは全部凄い!
[PR]
by youlovechiko | 2011-04-27 19:54 | 商品紹介

ラプラヤ・シャルドネ2009 ブロックセレクション・リゼルヴァを美味しく飲んだ

a0088939_12363782.jpg
茨城県産のチンゲン菜と小エビの炒め物

風評被害で売れないらしいけど
茨城県の野菜は旨いよ!

今回のワインは


a0088939_12394698.jpg
ラプラヤ・シャルドネ2009 ブロックセレクション・リゼルヴァ

チリの樽熟成シャルドネ
ラプラヤ・シャルドネ2009 ブロックセレクション・リゼルヴァ

フルーティーで香り豊か。
ブルゴーニュの難しいワインと違って開けて直ぐ美味しい!


a0088939_12422649.jpg
ラプラヤ・シャルドネ2009 ブロックセレクション・リゼルヴァ

トロピカルフルーツとバニラの香り
ワインスペクテーターで「トップ・ヴァリュー」って評価されているワインだ。
[PR]
by youlovechiko | 2011-04-05 12:44 | 生活

フィリップ・ブルノ ピュリニーはまだ飲めない

a0088939_1732579.jpg
フィリップ・ブルノ ピュリニー・モンラッシェ レ・ザンセニエール2005

お客様からワインが酸化していると指摘されて戻ってきた
フィリップ・ブルノ ピュリニー・モンラッシェ レ・ザンセニエール2005

確かに酸が強い。
が、ブショネの臭いがせず、酸化の嫌な臭いもない。

確か、試飲会場で飲んだフィリップ・ブルノの一番下のラヴォーも2005はガチガチであった事に気付く。

新しワインを開けてみると、やはり思った通り。
まだガチガチで飲めない。
2005ヴィンテージはどれくらい時間がかかるのだろう?
あの感じだと、まだ5年くらいは置いておかないと難しそう。

プルミエ・クリュ レ・ルミリー2008もおそらく飲み頃はかなり先のはず。
ブルゴーニュ・シャルドネ ラヴォー2007 がようやく飲み頃になってきたので、今すぐフィリップ・ブルノが飲みたい人はブルゴーニュ・シャルドネ ラヴォー2007
ブルゴーニュ・シャルドネ ラヴォー2008 のどちらかですね。
[PR]
by youlovechiko | 2011-01-25 17:16 | 生活

プチ・ピュリニー!

今週の月曜日、母親の83回目の誕生会を開いた。
目的は姉妹が集まってワイン飲んで
ワイワイ話すのが一番の目的なのだが。

前にも書いた事あると思うけど
5人兄弟の4番目で男は私一人。
だから姉妹が集まってとなる。


a0088939_19525283.jpg

乾杯はフィリップ・ゴネのノン・ドサージュ
シャンパーニュ グランド・キュヴェ・ゼロ



a0088939_19535856.jpg

ピノ・ノワール60%なので、非常にしっかりとした色調でボディが豊か。
だけどドサージュしていないのでキレは抜群。
レモン汁に天然塩少々の『レモン塩』で食べる白身魚の寿司との相性が
これまた抜群!

寿司に合わせようと、フィリップ・ブルノの
ブルゴーニュ・シャルドネ ラヴォーを用意したが不要だったので
昨日、一昨日の2日に分けて試飲(本気飲み)



a0088939_2005441.jpg
フィリップ・ブルノ ブルゴーニュ・シャルドネ ラヴォー



a0088939_2034188.jpg
フィリップ・ブルノ ブルゴーニュ・シャルドネ ラヴォー


ミネラル感豊富でしっかりとした構造。
相変わらずクオリティーが高いが、飲み頃はもう少し先。
一昨日の抜栓時より昨日の1日経ったワインがベター。

「モンラッシェの片鱗を感じさせる」
モンラッシェとまではいかなくとも「ピュリニ―」くらいは感じる
『プチ・ピュリニー』といえる旨いシャルドネ!
[PR]
by youlovechiko | 2010-07-30 20:09 | 生活

はなまるマーケット

a0088939_11463246.jpg


節約レシピの総集編で見たキャベツ料理。
煮込み方が足りなくて、キャベツがやや硬め。
でも味付けは非常に美味しい。

黒いポツポツは、アレンジで入れた干しシイタケ。

キャベツの葉の間に粉チーズをパラパラ。
あとはコンソメ顆粒で煮て

アルミホイルの4辺を折り立てて皿を作り
煮たキャベツをのせて、粉チーズをまた上からかけて
オーブントースターで7分焼く。


残った煮汁にバターとレモン汁少々
パセリを入れてソースが完成。
焼きあがったキャベツの上からかけて出来上がり。

しっかり煮込めば「焼き」の部分はいらないかも?
今度は煮込みだけで挑戦してみよう!



a0088939_11544511.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ


合わせたワインは、イタリア、ヴェネトの微発泡ワイン
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ


微発泡と書いてあるけど、泡立ちがしっかりしていて持続性もある。
味わいもフルーティーで酸と甘みのバランスが良い。
何よりも、1,000円でお釣りがくるのが『一番良い』かな!
[PR]
by youlovechiko | 2009-08-27 12:00 | 生活