タグ:イタリア ( 62 ) タグの人気記事

イタリアワイン試飲会のち虎ノ門ヒルズ

トスカーナの生産者「トライーニ」より、営業部長のタマラ・マッケリーニさんが来日するというので、定休日の25日月曜日、虎ノ門マリンビルへ試飲会に行ってきた。


a0088939_16495537.jpg
アル・パッソ
ニューヨークのブラインド・テイスティングで、2008ヴィンテージがサンジョヴェーゼ部門NO.1になったアル・パッソ
2009ヴィンテージはちょうど飲み頃になってきていて、グラスに注いで、すぐ美味しい、すごく美味しい。



a0088939_16555193.jpg
ピッコネロ

やはりニューヨークのブラインド・テイスティングで、2008ヴィンテージがメルロー部門NO.1になったピッコネロ
ちなみに第2位がオルネライア・マセト、3位がシュヴァル・ブラン。
超高額ワインを上回る評価で実質1万円くらいだから、お買い得だと思う。
素晴らしくエレガントなメルローだ。



a0088939_1745196.jpg


ピッコネロの前に、こちらはニューヨークのブラインド・テイスティングで、2008ヴィンテージがカベルネ部門で第3位になったヴァルディサンティ。
3位って微妙な位置だけど、4位はムートン・ロートシルト。
だから3位はビミョウ~じゃなくて凄い。

これの2006から2009までの垂直テイスティング。
2006は特に印象深かった。



a0088939_17125132.jpg

タマラさんと。
毎年写真撮っているので、彼女も私を覚えていてくれた。
年々老けていくのが嫌でもわかる。

トライーニだけでなく、80種類以上のイタリアワインを試飲。
赤ワインの前に泡と白。


a0088939_171612.jpg
コッレステファノ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ


私のお気に入りイタリアの白、コッレステファノ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ

日本の夏にピッタリなワインだ。



a0088939_17251853.jpg

シャルドネ・セレツィオーネ ラ・ボーラ・ディ・カンテ
イタリア白ワインのスーパー・スター、カンテのシャルドネ。

イタリアに於けるコシュ・デリのような存在だと、元ワインアドヴォケイトのテイスター、アントニオ・ガッローニが大絶賛している。
リゼルヴァ・クラスのシャルドネ・セレツィオーネ
確かに美味しい。ミネラル感がすごくて、非常にクリーンで。

販売価格が5,000円を超えてしまうので、取り扱うか検討中。


試飲会もおわり、いつも高い建物をみて地下鉄の駅へまっしぐらだったが
今回は定休日で時間にも余裕があったので虎ノ門ヒルズへ


a0088939_17413516.jpg

試飲会場から歩いて5分くらい。
これだったら、今度月曜日に試飲会がある時はヒルズで食事してから試飲会でも良いな!

と、次の試飲会は6月8日月曜日。
よし!と思ったら、会場がアカデミー・デュヴァン青山校だって。
[PR]
by youlovechiko | 2015-05-26 17:50 | 試飲会・セミナー

レンチン・レシピを公開

またまた1か月以上空いてしまったので
正月よりちょいちょい作っているポテトとツナのレンチン・レシピを公開。
といっても、クックパッドのレシピにちょっとアレンジしただけ。

まず用意する物


a0088939_19163944.jpg

シリコン製のレンチン容器。

ここにジャガイモのスライスを入れ、味付け塩コショーで下味をつける。


a0088939_1936473.jpg


クックパッドは塩、コショーでやっていたと思うが、この味付け塩コショーは便利。
そして大きく違うのはスライスオニオンを加える事。
ジャガイモにもツナにも良く合うオニオン。


a0088939_19401492.jpg


これで蓋をして500Wのレンジで2分チン。
ツナはマヨネーズであえる。
165gの大きい缶だったので半分の量、小さい缶なら1個分


a0088939_19462740.jpg


レンチンしたジャガイモとオニオンをアルミホイルに敷き
その上にマヨネーズであえたツナを敷き詰めて
粉チーズ、ブラック・ペッパー、お好みのハーブ、私の場合はドライ・バジルをかけて


a0088939_19494831.jpg


これをオーブントースターで3分チン


a0088939_19503912.jpg

飲んだのはピノ・ローザ・フリザンテ
コルクがきつくて、普通のコルク抜きでは抜けないので
現在は販売を見合わせている。

ドライ・バジル使う時は、イタリアのドライな白ワインやプロセッコに良く合う。
おススメはコレ、ザルデット プロセッコ・エキストラ・ドライ

ただ並べてチンするだけの簡単料理。
なので失敗は絶対になし、しかも美味しい。
[PR]
by youlovechiko | 2015-02-10 20:00 | 生活

ロ・ゾッコライオ ランゲ・ロッソ バッカネラはうまかった~

モンフォルテ・バローロの生産者、ロ・ゾッコライオ。
イタリアの評価誌「ヴェロネッリ」ではバルベーラ・スクレの方が評価が高いが
私のお気に入りはバルベーラにカベルネ、ネッビオーロがブレンドされた
「ランゲ・ロッソ バッカネラ」

と言うことで、休日の晩餐は「ロ・ゾッコライオ ランゲ・ロッソ・バッカネラ2010」に決定


a0088939_1816967.jpg
ロ・ゾッコライオ ランゲ・ロッソ・バッカネラ2010

イタリアワインなので、ワンパターンとは思うが
最高のマリアージュ「トマト煮」がメイン・ディッシュ。


a0088939_18181344.jpg


「ランゲ・ロッソ バッカネラ」をドボドボッと入れて煮込んであるので
合わないわけがない、「うま~い!」

そして私のお気に入りのワイン「ランゲ・ロッソ バッカネラ」
最初はバルベーラのジューシーさだけだが、少し経つとネッビオーロ特有の
チェリーやプラムなどフルーツの豊かな香りが混じり始める。

抜栓30~40分、硬いタンニン分も馴染んできて重厚さも加わる。
さらに新樽のニュアンスも感じられる。

ジューシーで重厚で、さらにエレガント。
ワインは幸せな気分にしてくれる。
[PR]
by youlovechiko | 2014-09-23 18:32 | 生活

カサーレ・ヴェッキオ・ペコリーノに合わせて3分間クッキング



a0088939_16321817.jpg

「イタリアのモン・ペラ」ってとこです。
と神の雫に登場して人気のカサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
白ワインのペコリーノも美味しいので、ワインに合う簡単なおつまみを1点。



a0088939_16375164.jpg

ボールに大葉を10枚くらいみじん切り



a0088939_1638127.jpg

その中にきゅうりを適量みじん切り



a0088939_16384512.jpg

さらにネギを適量みじん切り



a0088939_16404785.jpg

手前味噌(私は白)をティースプーン3杯くらい、濃さはあとで調整
少量の水で溶いて、すべてをよく混ぜる



a0088939_16424095.jpg

削り節を適量(多めがいいかも)



a0088939_16433215.jpg

ゴマも適量(私は白のいりごま)
これをよく混ぜてから



a0088939_1645915.jpg

木綿豆腐半丁を入れる。水切りしないでそのままでOK
水が出てくるが、薄くなったら味噌を足せばよいので。



a0088939_1647765.jpg

豆腐はスプーンでカットしながら味噌種とよく混ぜる。
と、できた分の半量が一番最初の写真のように。



a0088939_16512654.jpg

スーパーで買ってきた鶏ささみのスモークとレンチン野菜のマリネを添えて。
暑いとどうしてもこんなパターンになる。



a0088939_16534967.jpg

連休最終日の月曜はもっと手抜きで、惣菜コーナーで買った鶏のから揚げ。
レタスを敷いて、キュウリとネギのみじん切りに
味ポンとラー油を混ぜた南蛮たれをかけて、白髪ねぎを添えた。
[PR]
by youlovechiko | 2014-08-19 17:00 | 生活

チェーロ・ピノ・ローザ・フリザンテで今宵もグダッと

3週連続のフリザンテ。
この異常な暑さにはフリザンテが最高に良い。

ピノ・ローザ・フリザンテも先週のシャルドネ・フリザンテ同様
圧縮コルクでコルク浮がある。
問題があってはいけないので、味見しないと。

シャルドネ・フリザンテと同じように、コルク浮の問題と
そこから抜栓するのが非常に大変な事。

ダブル・ジャンクション式のオープナーを使用したが
2段目の長いてこの方でないとコルクがそれ以上浮いてこない。

これでは簡易のオープナーでは開かないので
先週もお伝えしたように、100均で同じようなオープナーが売っている


a0088939_203146100.jpg

こんなような形のオープナーをぜひ用意して欲しい。

日曜日、姉にも手土産に1本持たせた。
100均でこんなの買っておいてと言ったらさっそく買ってきた。
姉が買ってきたのは、写真のキャップにかぶせる部分のさらに下の部分に
ボトルをホールドする羽が2枚でているもの。

あれなら、絶対に抜栓できる。


a0088939_20361782.jpg
チェーロ・ピノ・ローザ・フリザンテ
ピンクの色がチャーミングなチェーロ・ピノ・ローザ・フリザンテ

色だけでなく爽やかな酸とキャンディー・フルーツのような甘味がほんのりと感じられ
非常にすがすがしい1本。夏には最高。

品質に問題なし。やはり圧縮コルクだとコルク浮が発生する問題があるようだ。



a0088939_20401295.jpg

ディッシュは鶏もも肉のトマト煮。写真はボケてるけど味は決まってるよ!
トマトの酸と甘み、コクがワインとバッチリ。
デッシュx2杯とワインすべて空になり、グダッとした3週目終了。
来週も暑そうなのでまたこんな感じなのか??
[PR]
by youlovechiko | 2014-08-05 20:45 | 生活

チェーロ・シャルドネ・フリザンテでグダッとした休日その2

28日の月曜日はお休みのはずが午前中は仕事に。
「日本で飲もう最高のワイン2014」で専門家審査、愛好家審査両方で
プラチナ・メダルを獲得したエニーラ2009の在庫が切れてしまったので
火曜日に届くように電話でオーダー。

カード決済の入金日だったので、入金を確認して仕入れのお支払に銀行へ。

タバコの発注をオンラインで完了させると、時間はまもなく正午。

惣菜コーナーで買ってきたメンチカツとアジフライを肴に500缶ビールで喉を潤す。
「ミヤネヤ」を見ているのか、ただ電源が入っているだけなのかウトウトしていると
すでにミヤネヤは終わっていて夕方4時過ぎ。

まもなくデイ・サービスから母親が帰ってきて
今日も先週の続きとばかりに、早目にシャワーを浴びて。

缶ビールとポテチで間をつないで
今夜のワインは「チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

夏に常備しておきたいワインなのだが問題発生。コルクが浮いている。


a0088939_18414077.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

確認しなくては!と思っていたので、2週続けての飲みの休日に。


a0088939_18431081.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ
天然コルクの時はなかった現象。
圧着して作った合成コルクになって現れた現象。

微発泡となっているが、かなりのガス圧があるので
針金で止めるタイプの栓でないと浮くのは当然か。

しかしこのコルク、ここからが大変。
ダブルジャンクション式(てこ式)のコルク抜きを使ったが
センターを外してしまったのでコルクを折ってしまった。

普通のコルクなら斜めに入っても難なく抜栓できるので
かなりきつく打栓してあるのだろう。

金曜日に妹に手土産であげたので
コルクの事を聞くと、なかなか開ける事ができなかったらしい。



a0088939_18585533.jpg

写真は樹脂でできたイタリア製だけど
同じようなのが100均で売っているので、1個持っておいた方が便利。

キャップシールをはがし、本体をかぶせてクルクルとスクリューを回せば
自然とコルクが抜ける優れもの。

みんなコレ持っていればすぐにでも販売再開といきたいが


a0088939_1931546.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

抜栓の問題があるので、現在販売を休止している。



a0088939_1953575.jpg

フリザンテを飲むと決めていたので、惣菜買ったときに調達したタコでカルパッチョ。
右はキャベツとナスの酢味噌ゴマ和え。

さあ、いただきま~す!と思った途端テレビでは


a0088939_1984880.jpg

プロレスラーの高山さんが脳梗塞になった時の事が
すべて当てはまる。

次に出てきた年配の女性の場合でも
「夜、足がつる」、「便秘になる」

どちらの場合も水分補給が全然足りていない。
自分の場合も同じ。
今日もすでにビール1Lを飲んでいるが、水は朝マグカップで1杯飲んだだけ。

ビール1Lは難なく飲めるのに、水1L飲むのは至難の業。
これからは朝、晩のカップ1杯の水と寝る前の水は忘れないように飲もう。

と心に決めて、フリザンテ1本空になって休日終了。
寝る前の水は忘れずに飲んだ。
[PR]
by youlovechiko | 2014-07-30 19:23 | 生活

ロッソ・フォスコでグダ~ッとした休日

忘れたころに更新する2か月ぶりの投稿。
昨日の海の日は久しぶりの完全休業となり予定もないので
昼から1日中グダ~ッと何もしない1日に。


a0088939_17304475.jpg

新しく入ってきたランブルスコ「ロッソ・フォスコ」を開ける。
カップ焼きそばにレンチン餃子。
こういうジャンクフードがこのワインには合う。


a0088939_17342083.jpg

お湯入れて3分で湯切りしてソースを混ぜて。
餃子は袋のままレンチン1分30秒。
アッと言う間にブランチの用意完了で


a0088939_17363321.jpg
ロッソ・フォスコ ランブルスコ・セッコ カンティーナ・フォルミージネ・ペデモンターナ

フォスコ ランブルスコ・セッコを開ける
一般的なランブルスコは甘いけど、これは辛口
残糖10g/Lとシャンパンのブリュット並


a0088939_17392584.jpg

ランブルスコはこの陶器のワインクーラーに入れて。
氷で冷やすものではないのでギンギンに冷たくはならないが
冷蔵庫で冷やしたものを入れておくとなかなか温まらないので便利。

使い方は水で濡らす、ただこれだけ。
陶器にしみ込んだ水分が蒸発する時にできる気化熱で下がるらしいが、ボトルを覆っているのでそれだけでも温まり辛いのでは?
焼きそば、餃子が無くなったのでチップスターの小を開ける。

夕方4時頃にはランブルスコはなくなり
早目のシャワーを浴びて缶ビールを飲み


a0088939_17481665.jpg

夕食はお中元でいただいた魚をアルミホイルを敷いたオーブントースターで5分
上には娘が置いていったプランターから生えてきた大葉を刻んで。

スペインの安旨白ワイン、エストラテゴ・レアル ブランコとともに。
1日中グダ~ッと何もしない、最高にリラックスできた休日だった。
たまには、こんな力を抜くことも必要だよね。
[PR]
by youlovechiko | 2014-07-22 17:59 | 生活

土用丑の日のフリッザンテ

7月22日月曜日は土用丑の日。
世間ではうなぎのかばやき

かばやきで赤ワインなんか最高なんだろうけど
暑くて清涼感を味わいたかったので



a0088939_10253621.jpg
チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

イタリアの微発泡ワイン、チェーロ・シャルドネ・フリザンテ

コスパ抜群!
キ~ンと冷やして暑い夏を乗り切って!

と思ったら輸入元品切れで8月中旬再入荷

現在店長おススメ白ワイン6本セットのみで販売中
[PR]
by youlovechiko | 2013-07-23 10:37 | 生活

ザブ・グリッロは旨安でした

またまた2日遅れの投稿。
スピード感まったく0のブログで失礼。

お客様から、コスパで選んだ店長おススメ6本セット
白ワインバージョンを作ってほしいとの要望を受けて現在検討中。

6月に青山ダイヤモンドホールで開催された試飲会で気になっていた
ヴィニティエ・ザブのグリッロを開けて休日の晩餐を兼ねた。



a0088939_16305418.jpg

シシリーの太陽をタップリ浴びて育った葡萄なので
果実のフレッシュな酸に甘味も含まれ、トロリとした舌触り。
1,000円そこそこのワインなのにボディがふくよか。

これはセットに入れるワインだ!
さ、仕事はここでおしまい。
美味しく食べて、美味しく飲んで
なかなか有意義な休日の晩餐だった。
[PR]
by youlovechiko | 2013-07-17 16:36 | 生活

イタリアワイン試飲会の続き



a0088939_12121877.jpg

エレガント系サンジョヴェーゼのあとはパワフル系サンジョヴェーゼ。
ポッジョ・ベルタイオのチンボロ

同じサンジョヴェーゼという品種で、こうも違うワインができるのか!?
というくらい違い、パワフルなワインだ。

「テロワールと造り手」

こんなセミナーやれば
一番わかりやすい例じゃないかな。



a0088939_12285088.jpg

ポッジョ・ベルタイオの旗艦ワイン、クロヴェッロ

カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%のボルドー・ブレンド。
チンボロよりさらにパワフル。
タンニンの量もハンパなく凄い。
ロバート・パーカーがいうように、トップクラスのボルドーワインって感じのワインだから
1万円くらいのボルドーならこっちの方がいいね。

次はスーパー・タスカンの火付け役となったサッシカイアの産地ボルゲリ。
サッシカイアやオルネッライアと親戚筋、カステッロ・ディ・ボルゲリ。



a0088939_12421419.jpg

カステッロ・ディ・ボルゲリのセカンド・ワイン、ヴァルヴァラ

セカンドワインながら、葡萄の選別が素晴らしいためか
完熟葡萄の甘いタンニンがありフルーティー。
骨格もしっかりとしていて、造り手の丁寧さが伝わってくるワインだ。



a0088939_1251836.jpg

本日のNO.1はカステッロ・ディ・ボルゲリ・スペリオーレ

エスプレッソ誌でサッシカイアに次ぐ17.5点を獲得している。
サッシカイアは18点、オルネッライアは17点。




a0088939_1355543.jpg

前の2004ヴィンテージのコメントと同じように
完熟した赤い果実やカカオ、チョコレートの風味。
バランスは見事で、試飲じゃなくてゆっくり飲みたくなるワインだ。


最後に、バルバレスコの生産者、ソッティマーノのお嬢さんが来日していたブース。
バルバレスコの品種、ネッビオーロはタンニンが豊富なのが特徴だけど
ここのワインはさらに凄い。
葡萄のパワーがありすぎるので、ちょっと熟成が進まないと販売は難しい。



a0088939_13195377.jpg

ソッティマーノで扱っているのはドルチェット・ダルバ ブリック・デル・サルト



a0088939_13224585.jpg

こちらのワインは赤いチャーミングな果実味で人気。



a0088939_13235533.jpg

ソッティマーノのお嬢さんと
個人的にはタンニンの強いバルバレスコは好きなので
バルバレスコ・コッタをご馳走になった。
[PR]
by youlovechiko | 2013-05-23 13:28 | 試飲会・セミナー