ファミリア・エグレンの試飲会みたいだ2

昨年11月に、ファミリア・エグレンの代表責任者、マルコス・エグレンの息子さんが来日した時の試飲会の模様をお伝えした。http://youchan310.exblog.jp/20433683/
のに続き、今回は代表者本人、マルコス・エグレン氏が来日、試飲会が開催された。

会場はいつもと同じく虎ノ門ヒルズ
の近くの虎ノ門マリンビル。

前回のイタリアワイン試飲会の時は新橋から歩いて虎ノ門ヒルズ経由で行ったが
すごく蒸し暑い1日だったので今回は地下鉄で神谷町へ、そこから徒歩1~2分で目的地。

この日の試飲会はフランス、スペイン、ポルトガル、ブルガリアなどのワインの試飲会だったが、昨年11月同様、ファミリア・エグレンのブースは圧巻だったので、こちらのみの模様をお伝えする。

ファミリア・エグレンは5つのワイナリーを所有しており
まずはデイリー・ワインを造るドミニオ・デ・エグレンのワインから。

一番の普及版、エストラテゴ・レアル。
価格は手ごろだけど、現在はオーガニックの葡萄で造られているので、葡萄本来のフレッシュなアロマと、フルーティーでジューシーな果実味。
これは赤も白も同じで、フレッシュで美味しい。
赤はこれからの季節、ちょっと冷やすと良いと思う。

エストラテゴ・レアル・ティント(赤)
エストラテゴ・レアル・ブランコ(白)

エストラテゴ・レアルの上級キュヴェ、コディセは6ヶ月樽熟成しているので
綺麗な果実味と共に高級感が感じられる。

コディセ2012


続いてファミリア・エグレンの総本山「シエラカンタブリア」
シエラカンタブリア山脈の名前がそのままワイナリーの名前になっている。
ここでは8アイテム造っている。
セレクシオン、クリアンサ、レセルヴァ、グラン・レセルヴァ、キュヴェ
コレクシオン・プリヴァーダ、アマンシオ、フィンカ・エル・ボスケ

セレクシオン、クリアンサでも十分に美味しいと思うが


a0088939_165944100.jpg

レセルヴァのクラスになると、果実香と樽熟成の香りが絶妙にマッチしていて素晴らしい。


a0088939_173208.jpg

グラン・レセルヴァ2004
2004のシエラカンタブリアはマルコス氏の思い入れがある素晴らしいヴィンテージだそうで、その分、葡萄がしっかりしていて飲み頃はまだ先に感じられる。
今飲んでも十分美味しいが、このワインの持つポテンシャルはこんなもんじゃない。
10年経ったワインとは思えない。
ブラインドで出されたら、2004なんて答える人は皆無じゃないだろうか。


a0088939_17102826.jpg

キュヴェ2009、こちらは今飲んで美味しい。
しかし


a0088939_1712357.jpg
コレクシオン・プリヴァーダ2010
コレクシオン・プリヴァーダ2010はさらに美味しい。
凝縮した果実味と豊富なミネラルを感じる構成、複雑で豊かな数々のアロマ
これぞシエラカンタブリア、と言う感じで大のお気に入り。


a0088939_17183210.jpg
アマンシオ
アマンシオはバック・ヴィンテージ2008になっていた。
昨年飲んだ2009はタンニンがしっかりとしていて
もう少し寝かせた方がいいかな?なんて思ったけれど
2008は今飲んで美味しい、熟成のせい?ヴィンテージのせい?


a0088939_17232693.jpg
フィンカ・エル・ボスケ
フィンカ・エル・ボスケは2010になっていた。
パワフルなワインだが、支えているのは豊富なミネラル。
だからパワフルだけどエレガント。

続いてはセニョリオ・デ・サン・ビセンテ。
ここでは、ただ1アイテムのみワインを造っている。


a0088939_17334899.jpg
サン・ビセンテ2009
サン・ビセンテ2009は昨年の11月の試飲会で飲んで素晴らしかったワイン。

現行2009ヴィンテージはギア・プロエンサ2013で
ウニコ・レセルバ・エスペシアルと同点の99点を獲得している。

今回も素晴らしいバランスで、エグレン・ファミリーのトップ・キュヴェの中では
コスト・パフォーマンスはNO.1じゃないかと思う。


続いてヴィニェードス・デ・パガノス
以前はシエラカンタブリアのワインとして造られていたが、マルコス氏が2001ヴィンテージより単一畑の「クリュ・ワイン」としてリリースしたワイナリー。



a0088939_18261115.jpg
エル・プンティード
エル・プンティードは2011になっていた。
ここのワインはとにかくエレガント。
それは土壌に答えがある。というか、ここの土壌
土壌じゃなくて岩盤。石灰質とかじゃなくて、本物の岩盤。
表土が赤土でその下が岩盤、そこに根を張って養分を吸収する。
そんな葡萄で造るワインなので素晴らしくエレガントなワインができる。



a0088939_1834183.jpg
ラ・ニエータ
ラ・ニエータはバック・ヴィンテージ2008が出品されていた。
このラ・ニエータの畑は赤土の表土が20cmしかなく、すぐに岩盤。
なので、岩盤も太陽熱で温められて、エル・プンティードより早く葡萄が熟成するそうだ。

だから常にエル・プンティードよりリリースが早く
現在販売中なのは2012ヴィンテージ
人気ワイン漫画「神の雫」で第11の使途候補として登場する。
2012ヴィンテージは「ギア・プロエンサ」で4年連続100点獲得継続中。
ベガ・シシリア・ウニコ2007やピングス2011でも99点だから、100点は凄い!

最後が2013年度ギア・ペニン最優秀ワイナリーになった「テソ・ラ・モンハ」
2007年初リリースで、わずか6年で最優秀ワイナリーは天晴!

ここではロマニコ、アルミレス、ヴィクトリーノ、そしてアラバスタと
4つのワインを造っているが、アルミレスより上のワインはすべて
接ぎ木をしてない自根葡萄(プレ・フィロキセラ)から造られている。



a0088939_18565883.jpg
アルミレス2012
アルミレス2012はこのクオリティなら3桁(100ドル)以上のワインとおもってしまう」とロバート・パーカーが絶賛しているワイン。
凝縮したしっかりとした果実味なのにクドクない。


a0088939_1914793.jpg
ヴィクトリーノ2012
ヴィクトリーノ2012はさらにすごい!
黒色果実の豊かなアロマと果実味は素晴らしく
果実の凝縮感はアルミレス以上なのにエレガントな味わい。
このあたりが、マルコス氏が求めているところなのだろう。


a0088939_1961886.jpg
アラバスタ
その頂点がアラバスタ
ヴィンテージは2011になっているが、これも昨年飲んだ2010よりも親しみやすく、今飲んでも美味しい。
豊富なタンニンと果実味は、ヴィクトリーノよりさらに目が詰まった構成なのに
アラバスタ(雪花石膏)の名のとおり美しくエレガント。

トロのワインといえば濃く、ただ重たいワインだと思っている人は考えを改めて欲しい。
そのトロでワイン・アドヴォケイト100点を獲得したテルマンシアを造る
「ヌマンシア・テルメス」も以前はエグレン・ファミリーが造っていた。

それを「テソ・ラ・モンハ」設立の時を同じくして2007年にモエヘネシー・ルイ・ヴィトン・グループ(LVMH)の傘下に入った、買収された事を聞きづらい事だが聞いてみた。

エレガントなワインを造る目的はシエラカンタブリアでもトロの土地でも同じ考えで、買収される約5年ほど前からヌマンシアとは全くキャラクターの異なるワインを造れないかと着想し始め、思うような畑の取得ができたのが2007年だそうだ。

なので、買収というか売却したという方が正しい日本語かも。
2009年まではマルコス氏が助言してワインを造っていたヌマンシア・テルメスも
まったく言うことを聞かないので2010年より完全撤退したそうだ。



a0088939_1928244.jpg

左がセールス・マネージャーのカルロス氏、中央がマルコス・エグレン氏
色々直接聞けたので、大変有意義な試飲会だった。
益々エグレンのワインが好きになった。

昨年11月に来日したマルコス・エグレン氏の息子さん
現在はオーストラリアで修行中だそうです。
エグレン・ファミリーのワイン、安泰ですね。
[PR]
# by youlovechiko | 2015-06-23 19:41 | 試飲会・セミナー

イタリアワイン試飲会のち虎ノ門ヒルズ

トスカーナの生産者「トライーニ」より、営業部長のタマラ・マッケリーニさんが来日するというので、定休日の25日月曜日、虎ノ門マリンビルへ試飲会に行ってきた。


a0088939_16495537.jpg
アル・パッソ
ニューヨークのブラインド・テイスティングで、2008ヴィンテージがサンジョヴェーゼ部門NO.1になったアル・パッソ
2009ヴィンテージはちょうど飲み頃になってきていて、グラスに注いで、すぐ美味しい、すごく美味しい。



a0088939_16555193.jpg
ピッコネロ

やはりニューヨークのブラインド・テイスティングで、2008ヴィンテージがメルロー部門NO.1になったピッコネロ
ちなみに第2位がオルネライア・マセト、3位がシュヴァル・ブラン。
超高額ワインを上回る評価で実質1万円くらいだから、お買い得だと思う。
素晴らしくエレガントなメルローだ。



a0088939_1745196.jpg


ピッコネロの前に、こちらはニューヨークのブラインド・テイスティングで、2008ヴィンテージがカベルネ部門で第3位になったヴァルディサンティ。
3位って微妙な位置だけど、4位はムートン・ロートシルト。
だから3位はビミョウ~じゃなくて凄い。

これの2006から2009までの垂直テイスティング。
2006は特に印象深かった。



a0088939_17125132.jpg

タマラさんと。
毎年写真撮っているので、彼女も私を覚えていてくれた。
年々老けていくのが嫌でもわかる。

トライーニだけでなく、80種類以上のイタリアワインを試飲。
赤ワインの前に泡と白。


a0088939_171612.jpg
コッレステファノ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ


私のお気に入りイタリアの白、コッレステファノ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ

日本の夏にピッタリなワインだ。



a0088939_17251853.jpg

シャルドネ・セレツィオーネ ラ・ボーラ・ディ・カンテ
イタリア白ワインのスーパー・スター、カンテのシャルドネ。

イタリアに於けるコシュ・デリのような存在だと、元ワインアドヴォケイトのテイスター、アントニオ・ガッローニが大絶賛している。
リゼルヴァ・クラスのシャルドネ・セレツィオーネ
確かに美味しい。ミネラル感がすごくて、非常にクリーンで。

販売価格が5,000円を超えてしまうので、取り扱うか検討中。


試飲会もおわり、いつも高い建物をみて地下鉄の駅へまっしぐらだったが
今回は定休日で時間にも余裕があったので虎ノ門ヒルズへ


a0088939_17413516.jpg

試飲会場から歩いて5分くらい。
これだったら、今度月曜日に試飲会がある時はヒルズで食事してから試飲会でも良いな!

と、次の試飲会は6月8日月曜日。
よし!と思ったら、会場がアカデミー・デュヴァン青山校だって。
[PR]
# by youlovechiko | 2015-05-26 17:50 | 試飲会・セミナー

ドミニク・ローラン来日テイスティング・セミナー

毎年この時期になると新ヴィンテージのプロモーション?にやってくるドミニク・ローラン。
昨年は試飲会が重なりセミナーには参加できなかったが、今年はセミナー、試飲会と両方に参加してきた。

まずはセミナー。
2012年ヴィンテージは雨が多く、生産者泣かせの年のようだったが
ドミニク・ローランは逆に良い年だったと言っている。
収量はかなり減ったようだが、綺麗な酸があり果実味の凝縮したワインができたと。

本当にそうか?
まずは白ワイン


a0088939_1863133.jpg

マルサネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ ブラン2012



a0088939_1817935.jpg

ムルソー レ・フォルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012(ドメーヌ・ローラン)

どちらも色が濃く、特にムルソーは樽熟成が長いのか、ウッディな感じが強い。
ドミニク・ローランの説明によると、新樽感があまり出ないようにしているようで
飲むと本当に新樽100%?って感じの樽の利き具合。
私的には昨年までのような新樽感が欲しいところだが。



a0088939_18265127.jpg

マルサネ シャンペリドゥリ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

色が綺麗で濃い。薄い色を想像していたがまったく違う。
味わいも凝縮した果実味、さらに酸もきれい。
酸っぱい酸じゃなくて、果実味に凝縮感がさらにプラスされたような味。

このシャンペリドゥリというマルサネは
3つの地域のマルサネをブレンドして造っている。
なので、繊細な感じと力強さとが感じられる。




a0088939_18411127.jpg

サヴィニー・レ・ボーヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

ドミニク・ローランがリビングに置いておいて飲むワインだそうだ。
テロワールの特徴が例年になく際立ってできたと解説してくれた。
綺麗な果実味で繊細、飲み飽きしない、料理の邪魔をしないワインだ。



a0088939_18465292.jpg

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・カルト・ヴィーニュ2012
ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィス

白のムルソーとこのワインは息子と立ち上げたドメーヌのワイン。
華やかなアロマ、滑らかな舌触り、果実の凝縮感。

このワインを飲んだら
ドミニク・ローランが2012ヴィンテージは素晴らしいと言っている意味がわかる。



a0088939_1852168.jpg

以上で2012ヴィンテージ・セミナー終了。


続いて試飲会。
超満員のブースで、全体の写真が撮れなかったのが残念だが。


a0088939_192084.jpg

マルサネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

2011のオレンジ色のワインと違い、本来のピノ・ノワールの色。
セミナーで飲んだマルサネ同様、果実味が凝縮されたワイン。
酸もきれいで、私は2011よりも2012の方が好きかな。



a0088939_1953567.jpg

ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ2012

大のお気に入り、ドミニク・ローランのジュヴレ・シャンベルタン。
果実味の凝縮感が素晴らしく、文句なく美味しい。
5月中旬以降の出荷だそうだ。即購入決定。



a0088939_1985379.jpg

ブルゴーニュ・パストゥグラン2012 ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィス

1/3がガメー、2/3がピノ・ノワールでできたパストゥグラン。
ピノ・ノワールの華やかさが最初に現れて
最後にガメーのチャーミングな面がチラッと出てくる。
美味しいパストゥグランだ。



a0088939_19123263.jpg

ブルゴーニュ・キュヴェ1926(MCMXXVI)2012

MCMXXVIは1926のこと。
一番古い1926年に植えられた葡萄も使用されている。
2012年の収量は20hl/ha.以下というのだから
「これってジェネリック・ワイン?」って感じの造り。

造りだけじゃなく味も凄い!
へたなニュイ・サン・ジョルジュじゃ太刀打ちできない。
価格が大幅に上がったので、最初は扱うのをやめようと思ったが
試飲してみて「即販売決定」



a0088939_19252097.jpg

ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスのグラン・クリュ・ブース。
一番奥はプルミエ・クリュのニュイ・サン・ジョルジュ オー・ダモード
真ん中がエシェゾー・グラン・クリュ アン・オルヴォー
手前がクロ・ヴージョ シ・ジェネリ

参加者の評判はシ・ジェネリが一番。
私もこれが良いと感じた。
試飲じゃなくて、ゆっくり飲みたいワインだ。




a0088939_19209100.jpg


ドミニク・ローランと
二人とも来年還暦、来年も元気に来日して欲しい。
私も元気に参加できるように、まだまだ頑張るぞ~!
[PR]
# by youlovechiko | 2015-05-01 19:33 | 試飲会・セミナー