<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

試飲会&サンタ・デュック・セミナー

2016/2/23 青山ダイヤモンドホールで開催された試飲会とセミナーの様子をお伝えします。

まず試飲会


a0088939_1612627.jpg
ファルネーゼ カサーレ・ヴェッキオ・ペコリーノ

赤ワインが鉄板人気のファルネーゼ カサーレヴェッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
白ワインのファルネーゼ カサーレ・ヴェッキオ・ペコリーノも果実味がジューシーで美味しい。



a0088939_1616848.jpg
ヴェレノージ  ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ イル・ブレッチャローロ2013

イタリアワインで、ファルネーゼと人気を二分しているヴェレーノージのロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ イル・ブレッチャローロ2013
この金額で24 ヶ月間オーク樽熟成、果実の凝縮したしっかりとした果実味と滑らかさはいつのヴィンテージでも保証してくれる。



a0088939_16234222.jpg
ファルネーゼ カサーレヴェッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

鉄板人気のファルネーゼ カサーレヴェッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
以前のワインと比べると、かなりエレガントで綺麗な酸が目立つようになってきた。
前のワインを期待すると物足りなく感じる人もいるかもしれないが、現在の流行はエレガント系。



a0088939_16274236.jpg
ドメーヌ・サンタ・デュック ジゴンダス・オー・リュー・ディ2011

セミナーでも飲むサンタ・デュックのゴンダス・オー・リュー・ディ2011
2011ヴィンテージからドメーヌ物のジゴンダスは「オー・リュー・ディ」という名称になった。
8つの異なった土壌のリュー・ディ、ジゴンダスの葡萄を使って造られている。完熟したグルナッシュの甘味やスパイシーさ、様々な香りが感じられる複雑さ、今飲んで美味しいジゴンダス。



a0088939_1635567.jpg

サンタ・デュック当主のイヴ・グラと。
ジゴンダスを飲んでいる時に、ちょうど当主のイヴ・グラが来てくれたので記念の2ショット

そしてセミナーへ

約1時間ほど、サンタ・デュックの現状を説明してくれた。
5年ほど前には新しくソーラー・パネルを備えた作業所を新設、現在エネルギーは太陽光発電でまかなっているそうだ。
また、息子さんは現在ロマネ・コンティで修行中だそうで、近々戻ってきてイヴ・グラとワインを造るそうだ。

a0088939_16402067.jpg

写真はセミナー最後の2種類。
ここまで4種類のワインを試飲、講演を受けてきたが、主役はこの2種類。
左が試飲会場で飲んだドメーヌ・サンタ・デュック ジゴンダス・オー・リュー・ディ2011
右がドメーヌの最上級ジゴンダス、ドメーヌ・サンタ・デュック ジゴンダス プレステージュ・デ・オート・ギャリーグ2011

パワフルで、現存するジゴンダスのなかでは最高のワイン。
ワインがまだ若いので、もう少し熟成させたいが、ガチガチで飲めないとうワインではないので、グラスを回しながら時間をかけて飲んで欲しい。

a0088939_16462768.jpg

こちらのワインが先に出てきたワイン。
左がヴァケラス レ・オーヴ2006
右が買い付け葡萄で造るセレクション・サンタ・デュックのジゴンダス・ギャランシエール。
左のワイン、エッジがオレンジかかった茶色になっているのが判るかな?
熟成が進んできて素晴らしいバランス、即買い付け決定。
近日中に販売予定。

a0088939_16493665.jpg

試飲会からセミナーの強行日程、しかし実のある有意義な1日となった。

と、本当はここで終わりじゃなくて、バッテリーが切れてしまったので写真はここまでだが
歩いて10ほどのところにあるアカデミー・デュ・ヴァンで試飲会があったので寄ってきた。
a0088939_16533164.jpg

昨年5月の写真
トライーニの広報部長、タマラさんが来日していて、トライーニのワインを飲んできた。
トライーニ アル・パッソはおススメのワインだ。
[PR]
by youlovechiko | 2016-02-24 17:02 | 試飲会・セミナー