<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

連チャンで試飲会

今週の月曜日は白金台の八芳園でロワールの試飲会。
a0088939_2116132.jpg

相変わらずの盛況。
ソミュールなんかの赤ワインもあるけど
ロワールと言えば白!ということで白ワインを。


a0088939_21173860.jpg
ルネ・カロワ サンセール2010
現在販売しているルネ・カロワ サンセール2010
前のヴィンテージよりも開くのが早いので、抜栓してすぐ楽しめる。
柑橘系果実の香りや白い花、ミントなど芳香豊かで美味しい。


a0088939_21213662.jpg

ひどい写真。
白ワインは撮るのが難しい。
奥のクラッシャーの赤ばかりが目立ってしまった。


この日は晩餐もロワールで。
開けたワインは
ミュスカデ・セーヴェル・エ・メーヌ シュール・リー
a0088939_21243475.jpg


フレッシュな酸とミュスカデの果汁のふくらみが絶妙。
かすかにガスがあるので、グラスに注いだらスワリングをお忘れなく。



a0088939_21265043.jpg

塩と鶏がらスープで味付けした海鮮焼きそばがメイン・ディッシュ。
レモン汁(ポッカレモン使用)を振りかけて味を調える。
しっかり焼いた「おこげ」の部分が美味しくて食べ過ぎた。


2日目の試飲会は主要取引先のオフィス「虎ノ門マリンビル」
イタリアをメインに試飲してきた。

泡はアバテ・ネロ ブリュット・スプマンテ
エンリコ・ガッティ フランチャコルタ・ブリュットが群を抜くクオリティー。

エンリコ・ガッティ フランチャコルタ・ブリュット
ルイ・ロデレール クリスタルより高い評価を地元で受けたようだが、まんざらでもない。
変なシャンパンじゃかなわない、フランチャコルタ恐るべし。



a0088939_21352285.jpg
サン・ポリーノ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2006

2001ヴィンテージでジャパン・ワイン・チャレンジ3冠獲得の
サン・ポリーノ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2006

最初は閉じぎみだったけど、試飲会最後のほうでふたたび試飲。
複雑で凝縮した黒色系果実の上品なアロマが豊かで素晴らしいワイン。



a0088939_21394190.jpg
クルニ2009 オアジ・デリ・アンジェリ

試飲会のトリを飾るのはクルニ2009 オアジ・デリ・アンジェリ

2009は若干エレガントさが加わったものの
みなぎるパワーは相変わらずすごい。
「これがクルニだ~」って主張している、モンテプルチアーノの怪物。

帰ってきて、昨日の残ったミュスカデで


a0088939_21435192.jpg

レタスの油炒めにカッテージチーズ。
手抜きで胃にもやさしい。



a0088939_21445463.jpg

もっと手抜き。
長ネギのみじん切りにごま油、しらす。

2日間続いた試飲会の最後を飾る、胃にやさしい晩餐だった。
[PR]
by youlovechiko | 2012-04-26 21:49 | 試飲会・セミナー

2日続けてイル・ブレッチャローロ・ゴールド

月曜の夜の前菜


a0088939_20495857.jpg

春キャベツのサウザン・アイランド。
サウザン・アイランドは余計だった。
塩ゆでした春キャベツの甘味だけのほうが美味しい。


ボケボケの写真は月曜の晩餐


a0088939_20413425.jpg

鶏の手羽元のトマトソース煮。
コラーゲンが不足気味なので、と頻繁に食べてた手羽元だけど
コラーゲンは食べても吸収できないってテレビで見たことがある。
それに、鶏の軟骨ってコラーゲンなの?



a0088939_20443980.jpg

飲んだワインは、ヴェレノージ来日セミナーの時にお土産でいただいた
ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ イル・ブレッチャローロ・ゴールド。

イル・ブレッチャローロロッジョの中間的なワイン。

a0088939_20472216.jpg

2007年のワインだけどまだ若い。
フレッシュな酸が強くて、ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレの良さがあまり出てない。
でも、その酸がトマトソースとバッチリ合う。

ホールトマト缶詰1缶開けると
トマトソースがたくさんできちゃうので、火曜の夜もトマトソース煮。
メインは鶏じゃなくて鱈、そしてブロッコリーとアスパラをたっぷり。


a0088939_20543922.jpg

鱈も美味しい。
手羽元がコラーゲンと無関係なら鱈の方が良いかも?

2日目のワインも月曜の残り
ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ イル・ブレッチャローロ・ゴールド。

ワインは2日目の方が格段に旨い!
「若い」と思ったら、飲まないで次の日飲むことを勧める。
[PR]
by youlovechiko | 2012-04-11 20:59 | 生活

ウルグアイ・ワイン「アリアンツァ」



a0088939_122392.jpg

天然ぶりが美味しそうに並んでいたので、月曜の晩餐は
天然ぶりを焦がしねぎのブラウン・ソースで。
赤ワインに合わせるので、焦げたねぎの風味はなくてはならないもの。
これにブラック・ペッパーを利かせて。

付け合わせはしめじ、アスパラ、ニンジンのソテー。



a0088939_1271469.jpg
トラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ  レセルヴァ2008

ワインはウルグアイのレセルヴァ「アリアンツァ」



a0088939_1291662.jpg
トラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ  レセルヴァ2008

マルセラン、タナ、メルローのブレンド。
「アリアンツァ」とはスペイン語で「連合や協調」の意味。
3種類の葡萄がうまく「協調」している。

「マルセラン」はカベルネ・ソーヴィニヨンとグルナッシュの交配種で
最初はグルナッシュの果実の甘味と上品な酸味が現れて
熟成してきたシャトーヌフのような感じでとても美味しい。

時間が経つと、カベルネやタナの特徴がでてきて
熟成ボルドーのような感じがでてくる。

どちらにしても美味しいワインで
こんなレセルヴァが1,344円なんだから
ウルグアイワインは飛びぬけてコスパが高い。

ワインも美味しい、ブリも美味しい
結局、ブリを2枚食べてしまった。
ダイエットしなくちゃいけないのに!
[PR]
by youlovechiko | 2012-04-03 12:17 | 生活