<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夜は軽い白ワイン、カザマッタでシメ

誕生祝いが終わったところでブログも終わっていたね。
その続きがあって


その日の夜。
重い赤ワインは飲みたくなかったので
フレッシュな白ワインを開ける。

カザマッタ・ビアンコ2010

現在はアートラベルになっている。
前のラベルの最後の1本とバジルチキン。
付け合わせはグリーンアスパラとレタスにカッテージ・チーズをそえて。


a0088939_19112663.jpg


結局、昼から夜まで、なんだかんだ飲みっぱなしの1日だった。
[PR]
by youlovechiko | 2012-03-27 19:13 | 生活

90歳の誕生祝い

31日で90歳になるオヤジの誕生祝いを開いた。


乾杯は


a0088939_1203541.jpg
ヴィニョーブル・ギョーム セデュクション・ブリュットN.V.

ジャック・セロスのシュブスタンスに触発されて造ったヴァン・ムスー。


a0088939_1241531.jpg
ヴィニョーブル・ギョーム セデュクション・ブリュットN.V.

名前はヴァン・ムスーだけど、中身はグラン・クリュ・シャンパーニュ。
変なシャンパンじゃ太刀打ちできないよ。



食べ物が寿司なのに、妹は赤ワインを要求。
売り物じゃなくて、私のストックから開けたのがコレ


a0088939_1274471.jpg

メドック・クリュ・ブルジョワのシャトー・トラヴェルス2001
熟成の進んだメドック・ワインはやっぱり旨いな!

カマンサック1995ラネッサン1996なんかを
まとめて買っていく人の気持ち、わかる感じ。
ラネッサン1996は6月に再入荷予定。



デザートは姉の作ってきたケーキとラ・プラヤ レイト・ハーベスト


a0088939_122227100.jpg

完熟したソーヴィニヨンの甘味、メロンやマンゴーなどのトロピカル・フルーツの香りと
ソーヴィニヨンの爽やかな酸味があって、ただ甘いだけじゃなくボディが豊か。
樽のトーストされた香りも混じるので、ゴージャスに感じるデザート・ワイン。

90になるオヤジが満足げに飲み干した。
[PR]
by youlovechiko | 2012-03-27 12:29 | 生活

リゲインはジューシーなワイン、栄養ドリンクじゃありません

月曜の晩餐は手抜きして冷凍ハンバーグを使った煮込みハンバーグ


a0088939_11175749.jpg

しかも、盛り付けも手抜きして煮込んだ鍋のまま。

たっぷり野菜が食べられるので結構気に入っている。
飲んだワインはヴァントゥの「リゲイン」

栄養ドリンクみたいな名前だけど、フランス語では「再生」を意味するようだ。


a0088939_11211714.jpg
ドメーヌ・ヴァンデミオ リゲイン2010 ヴァントゥ・ルージュ

このワインを飲むのを決めていたので
煮込みハンバーグにしたって事もある。

デミグラス・ソースはちょっとスパイシーにして、そんなソースとバッチリ。
ワインはジューシーだけどスパイシーでどっしり感もある。

ロバート・パーカーさんお勧めの
「Bob's Best Buys」に選ばれているワインだけど
なるほど、パーカーさんが好きそうな味わいのワインだ。
[PR]
by youlovechiko | 2012-03-20 11:27 | 生活

ブルゴーニュ試飲会

3月12日、半蔵門駅前のホテルモントレ半蔵門で開催された
ブルゴーニュ・ワインの試飲会に参加してきた。

メインはコレ!


a0088939_12112924.jpg

左はクロ・デ・レアの畑を取得した150周年を記念して復刻したラベル
中身は150周年目の2009クロ・デ・レア。
右はクロ・デ・レア2000

どちらもいうことなし、めちゃくちゃうまい!!


a0088939_12165036.jpg
クロ・デ・レア2009



a0088939_12172590.jpg
クロ・デ・レア2000

そのほか、ラトゥール・ジローのムルソーとか、美味しいワインがたくさんあったけど
やっぱりクロ・デ・レアの魅力がなんといっても一番。
ミッシェル・グロ本人が来日するのかと思ったら
広報のお姉さまがきていたので写真はなし。

ついでと言っては悪いが
シャブリジェンヌの担当さんと2ショットを撮ってきた。
2010のピエレレは実にフルーティーで華やか。
現行の2009も良いよ!


a0088939_12285574.jpg

[PR]
by youlovechiko | 2012-03-13 12:30 | 試飲会・セミナー

テール・デ・サンジュとデミグラス・ソース

月曜の晩餐、先週書くの忘れてました。
先週飲んだワインはラ・プラヤ ブロック・セレクション エステート・レゼルヴ クラレット2010


a0088939_17281528.jpg

プティ・ヴェルド主体のおもしろいブレンド構成、ボルドー右岸タイプのワインで
ピュイグローみたいな感じのワイン。

先週は手抜きしてこれでおしまい。


昨日の晩餐。


a0088939_1730484.jpg

簡単デミグラス・ソース(もどき)と牛肉。
ひるおびで紹介していたのをマネてみた。

フライパンに残った肉汁に水を足して
市販のハヤシライスの素の固形をひとかけ入れて
ウスターソースとケチャップ足して作ったもの。

これが意外にうまい。
熟成したボルドー・ワインには良いかも!?

飲んだワインはボルドーではなくローヌ。


a0088939_17363510.jpg
シャトー・パラディ- テール・デ・サンジュ2009

ミッシェル・タルデュー、フィリップ・カンビ、アンドレ・ブルネル
南ローヌの巨人3人が創ったドリーム・シャトーのトップ・キュヴェ。



a0088939_17455892.jpg
シャトー・パラディ- テール・デ・サンジュ2009
豪快に濃厚、だけど繊細な酸がしっかり主張する。
そしてタンニンはやわらかで豊富。

東京の最高級フレンチ・レストランのシェフソムリエが
「2010年に最も心に残ったワイン」としてワイナート誌で選んでる。

ワインははなまる、肉もまなまる。
でもマリアージュはイマイチだった。
牛肉よりジビエにブラックペッパー利かせた料理が合う。

もこみち君、うち来て作ってくれ!
[PR]
by youlovechiko | 2012-03-06 17:51 | 生活