<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

エストラテゴ・レアルと煮込みハンバーグ

1日遅れの投稿
月曜の夜の晩餐はエストラテゴ・レアルと煮込みハンバーグ。
a0088939_17495973.jpg
エストラテゴ・レアル

男一人なので盛り付けはなし、鍋のまま


a0088939_1751277.jpg


冷凍ハンバーグなのでハンバーグはイマイチ
デミグラス・ソースが美味しいので、秋、冬の定番メニュー。
煮込んだ野菜が美味しい、ハンバーグより美味しい。



a0088939_17545018.jpg
エストラテゴ・レアル
完熟したテンプラニーリョの十分な果実味と
ただ濃いだけじゃない、高級感を感じさせる香りとストラクチャー。

ロバート・パーカーさんがべた褒めのように
2,000円くらいのワインで、もっとクオリティーの低いワインがいっぱいある。
[PR]
by youlovechiko | 2011-10-26 18:00 | 生活

また試飲会のはしごです

a0088939_1056335.jpg

17日の月曜日、お休みだったので試飲会をはしごしてきた。
1か所目は半蔵門の駅を降りて直ぐの「ホテルモントレ半蔵門」

こちらの試飲会で最も印象深かったのがコレ


a0088939_10591779.jpg

a0088939_10593669.jpg

a0088939_10594916.gif

今一番の飲み頃。
南仏ワインの果汁分タップリの良さと、上品さが共存していて
一部南仏ワインに見られる野暮ったさがない。
パーカーさんみたいに、個人用に1ケース買っておこうかな!?



a0088939_1145595.jpg

続いては恵比寿ガーデンプレイスのウエスティン東京での
カリフォルニアワイン試飲会。

相変わらずの超満員、大盛況。
ゆっくり試飲したかったけどできなかった。
オーパス・ワンも出ていたらしい、飲めなくて残念。

目を引いたブースが関西の輸入屋さん「クラッシュパッド」
エチケットがすべて漢字の白ワインが展示されている。
a0088939_11122088.jpg


これがカリフォルニアっぽくなくて、「甘トロ樽樽」感がなくて好印象。
ただ、一番安価なワインで5,300円だとちょっとね。

そこを考えると、いつもお世話になっているヴィノラムさんの「カレラ」
a0088939_11162062.jpg

カレラ セントラル・コースト キュヴェV2010
希望小売で3,400円だから、こちらの方がコスパ高い感じ。

と思っていたら、今日発売の週刊モーニング「神の雫」
これに出てきたワインが左から2番目の「波紋」だった。
亜樹直さん、よくワイン御存じですね、恐れ入りました。

その亜樹直さんのコラム「赤の亜樹直」今週はZ(ゼド)2007
シャトー・ル・パンのティエポンと
左岸のカリスマ、ジャック・ボワスノとのコラボで生まれたボルドーワイン。
市場価格で2,500円前後なので
前のヴィンテージZ(ゼド)2006はお買い得!在庫少々
[PR]
by youlovechiko | 2011-10-19 11:24 | 試飲会・セミナー

キュヴェ・サブリーヌ2009はすごい!

食欲の秋、ワインの秋!
ようやく、しっかり系のワインが飲みたくなったので
体育の日の休日


a0088939_20155980.jpg
アンドレ・ブルネル コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ キュヴェ・サブリーヌ2009

シャトーヌフ レ・カイユーでパーカー100点を獲得した造り手
アンドレ・ブルネルのキュヴェ・サブリーヌ2009



a0088939_2019039.jpg
アンドレ・ブルネル コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ キュヴェ・サブリーヌ2009

この濃い色、すごいでしょ!
暗紫色というか漆黒、、見ただけで凝縮されたワインの味がイメージできる。

香りは甘いカシスの豊かな香り。
アルコール分が14%もある。
ジューシーでスパイシーで飲みごたえ十分。
ただ、まだ若いので収斂味を嫌う人には向かない。

パーカー・ポイント89点で1,600円台
驚くほどコスパの高いワインだ。



a0088939_20244787.jpg


旬の秋鮭のちゃんちゃん焼き。
焼きというより蒸し焼き。
たっぷりの野菜で鮭を覆って、味噌ベースのたれをかけて
蓋をしてとろ火でじっくり蒸し焼き。

スパイシーなワインなので
ブラクペッパーをたっぷりふりかけて。
ワインも料理も花まるな「トレ・ボン・マリアージュ」
[PR]
by youlovechiko | 2011-10-11 20:29 | 生活

ボルドーワイン試飲会

冷たい雨の降る5日の水曜日
東京ミッドタウンのリッツ・カールトンへ試飲会に行ってきました。


a0088939_1942671.jpg


ボルドーワイン委員会が主催する「バリューボルドー2011」の試飲会。
日本のトップ・プロ10人が選んだボルドーワイン100本の発表会みたいな試飲会です。

早速バリューボルドー100本が並んでいるブースへ。
きれいなソムリエールさん数名と1名の熟練?ソムリエさんがサービスしてくれました。

最初は白ワイン


a0088939_1984132.jpg
レ・ザマン・デュ・シャトー・モンペラ・ブラン2009

生産者のティボー・ディスパーニュが、品質の高さに圧倒されっぱなしと言うように
レ・ザマンの白は本当に素晴らしい。

ピュアな果実味で、フレッシュでフルーティーなのはいつもと同じ
2009はそれにふくよかさも加わっている。

レ・ザマンの白はステンレスタンク熟成だけど
樽熟成のワインとブレンドして造っているのがトゥール・ド・ミランボー グラン・ヴァン

バリューボルドー2011には2008ヴィンテージが出ていた。
樽熟リッチなワインとステンレスタンクのフレッシュなワインがうまくミックス。
バリューボルドー2011の本には
「完熟フルーツの甘味と樽からの香りが溶け合ってリッチ」とタイトル。

2009ヴィンテージからは「キュヴェ・パッション」と名前が元に戻った。
このワインがソレ!
2009ヴィンテージなので、このワインも凄い!


そしてバリューボルドー100本の中で唯一選ばれたロゼが
レ・ザマン・デュ・シャトー・モンペラ・ロゼ2010


a0088939_1930643.jpg


チェリーやフランボワーズ、そしてグレープ・フルーツの皮の苦味
カベルネ・ソーヴィニヨン100%なので、フィニッシュにやや渋みも感じる。
キュートで軽やかであるのに存在感を感じさせる。
休日のブランチにこんなワインが出てきたら最高!


バリューボルドーの「バリュー」を強調するのならこのワイン


a0088939_1937073.jpg
シャトー・クロワ・ムートン2009

パーカー・ポイント89-91点の高得点が示すように
タンニン豊富でスパイシーでボディも重厚。
このワインも2009だからなのだろうか?
上のクラスの「ル・コンセイエ」に近い味わい。

残念ながら、今回のバリューボルドーには選出されていない。
私だったら絶対に投票するけど、今はへヴィーなワインは流行りではないのかな?


私的バリューボルドー2011のNO.1はコレ


a0088939_19455774.jpg
シャトー・サン・タオン2006

2004、2005、2006と垂直でテイスティングさせてくれた。
2004は今のみ頃だけどボディがやや物足りなく感じる。

2005はまだまだこれから。
非常に重厚でワインのポテンシャルはダントツに高いけど
2年や3年で飲み頃になるのか?

バリューボルドーに選ばれた2006は良かった。
オレンジかかったガーネット色がうまく撮れたので、撮影大成功。

バリューボルドー2011の本にあるように
ドライフルーツの甘い香りやきのこ、樽などの複雑な香りが次々に現れ
バランスがよく、フィニッシュの余韻も長い。
「メドック・ワインだ!」って主張している。

ここに紹介したワイン
あとでホームページも修正しておきますので
時間の許す範囲でご覧下さい。


相変わらずの大盛況で、どこのブースも満員。
一通り見てきたと思うが、回っていない所もあったかも!?

ジロラット、クロ・デ・リタニ、ルシアなんかも飲めたので
実りある試飲会であり、美味しいワインを飲めた試飲会でした。
[PR]
by youlovechiko | 2011-10-06 20:08 | 試飲会・セミナー

Tokyo Wine Complexの試飲会

a0088939_16365559.jpg

Tokyo Wine Complex 秋の総合試飲会2011に行ってきました。
開催場所は青山のダイヤモンドホール エメラルドルーム。

あれ、ここ姪っこが結婚式挙げた場所、部屋まで同じ!

相変わらずの大盛況、超満員。
簡単に一通り顔を出してきました。

印象に残ったブースは
豊通食料さんのブースのニコラ・ポテル。
樽がバッチリ利いたブルゴーニュは美味しいけどまだ若い。
1万円以上するヴォーヌ・ロマネは、飲むのにまだ早すぎでもったいない。

有限会社はしもとさん
こちらは関西の会社だそうで、関東との取引があまりないよう。
ここの南アフリカのワインは素晴らしい。
ポールクルーバーという生産者のシャルドネとピノ・ノワール。
どちらもジャンシス・ロビンソンが絶賛しているそうで
コスパが高く、2,000円ちょっとの価格で飲み頃。

ヴィニョーブル・ギョームのピノ・ノワールVVとまではいかないけど
ソムリエさんが5,000円クラスのピノ・ノワール!って絶賛したらしい。


そしてモトックスさん
ポール・マスのトワベー・エ・オウモン
トワベー・エ・オウモン白2010はまだ少々若い感じ
樽が少々強く利いているので、抜栓時間を十分に取とってから飲んで欲しい。


a0088939_16585856.jpg
トワベー・エ・オウモン白2010

トワベー・エ・オウモン赤2010
ベリー系の香りでタンニンも滑らか。
2010でこうだから、トワベー・エ・オウモン赤2009はもっと飲み頃になっているはず。



a0088939_17268.jpg
トワベー・エ・オウモン赤2010
[PR]
by youlovechiko | 2011-10-04 17:04 | 試飲会・セミナー