<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

またも試飲会のはしごをしてきました

9月27日の火曜日、お店をお休みして試飲会に参加してきました。
今回は飯田橋の試飲会場と渋谷セルリアンタワーの会場の2か所。

まず飯田橋の試飲会場で
神の雫に登場したプロセッコ
ザルデット プロセッコ・エクストラ・ドライ
a0088939_1659433.jpg

クリーミーな泡でトロピカルフルーツの香り。
休日のブランチなんかに最高に合うんじゃないかな。


a0088939_171572.jpg
ザルデット プロセッコ・エクストラ・ドライ


色々試して、特に印象に残ったのがこの2つ
まずはドメーヌ・ラ・スマド カベルネ・ソーヴィニヨン2006


a0088939_178886.jpg

2006ヴィンテージはパーカー・ポイント89点+
色濃く凝縮したワインはスパーシーでパワフル。
2005と同じ価格で販売予定、入荷乞うご期待!
a0088939_17102413.jpg
ドメーヌ・ラ・スマド カベルネ・ソーヴィニヨン2006
かなり濃いワインの色から、味わいも想像できる。

そして、オーストラリアのアラミス。


a0088939_1713333.jpg
アラミス・ヴィンヤーズ ブラック・ラベル カベルネ・ソーヴィニヨン2006

前ヴィンテージの2005がパーカー91点
今回の2006はIWCのステファン・タンザーが91点を付けた。
タンザー91点ワインが2,079円とは嬉しいね。


a0088939_17154650.jpg
アラミス・ヴィンヤーズ ブラック・ラベル カベルネ・ソーヴィニヨン2006

こちらも非常に凝縮しているワインで、ボルドーに似たフィネスを感じる高級感がある。
オーナーのリー・フロレンツが来日していたので2ショット


a0088939_17182815.jpg


ボトルにサインを入れてもらった。
10月初旬入荷予定、こちらも乞うご期待!


続いては渋谷セルリアンタワーにて
こちらはチリ・ワインや食材の試飲、試食。
胃が疲れていたので、ザッと一回り。


a0088939_1721797.jpg


NO.1人気は右の細い瓶で目玉?のマーク、デザート・ワインの
ラプラヤ・レイト・ハーベスト2008
ただ甘いだけじゃなく、コクもあり、ソーヴィニヨンのフレッシュな酸味もあり
バランスが良くて美味しい。


a0088939_17252532.jpg
ラプラヤ・レイト・ハーベスト2008


あと人気だったのが「アクセル」
僕も好きなワインのシリーズ。
アクセル・カベルネ・ソーヴィニヨン2008や
アクセル・シラー2008はまだ少々ワインが若く、デキャンタがあったほうがベスト。
アクセル・カルメネール2008は飲み頃、美味しくなってるよ!
[PR]
by youlovechiko | 2011-09-29 17:31 | 試飲会・セミナー

ヴィニョーブル・ギョームはやはり凄かった

月曜、休日の晩餐。
秋鮭のムニエル 焦がしネギオイル。
a0088939_20525183.jpg

ネギの青い部分としいたけの石づきをみじん切りにして
オリーブ・オイルでゆっくり炒めて焦がしたものが鮭の上の黒いもの。
鮭は塩、コショウして。



a0088939_20555346.jpg
ヴィニョーブル・ギョーム ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ2007

かなり秋めいてきたので、本格派のピノ・ノワールが飲みたくなった。
チョイスは
ヴィニョーブル・ギョーム ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ2007
毎年期待を裏切らないピノ。
2007年物が少量入ってきたので飲みたくてうずうずしてた。




a0088939_2104925.jpg
ヴィニョーブル・ギョーム ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ2007

ワインはまだ生き生き
ジューシーなチェリーの果実味。
後から程よい樽熟成のニュアンス。
骨格がしっかりしていて、並の村名ワインじゃ、まったく刃が立たない。

実際、昨日の火曜日
某インポーターの試飲会で飲んだ
ブルゴーニュのライジング・スター、ヴァンサン・ジラルダンの
シャサーニュ・モンラッシェ ヴィエイユ・ヴィーニュ2009


a0088939_2174110.jpg


こちらと比較しても遜色ないし、むしろ勝っている感じ。
こんなワインが2,000円台で買えるのは嬉しうね。


ヴィニョーブル・ギョームのワインは全て素晴らしいよ!
[PR]
by youlovechiko | 2011-09-28 21:15 | 商品紹介

試飲会をはしご

試飲会当日、出発前にメールを開けたら
カレラのジョシュ・ジェンセンが来日するとのメールが。

いつ?
なんと今日(9月13日)じゃないの!
カレラ・セントラル・コースト キュヴェV新ヴィンテージと
カレラ・エステートの中で最も新しいド・ヴィリエの
プロモーションで来日するらしい。

幸い、フリー・テイスティング形式で
時間は13時~17時、ジェンセンは15時頃やってくるとの事。

最初の試飲会場は新橋なので
少々早めに行けば両方参加できるじゃない!ラッキー!!

新橋第一ホテルの試飲会場に着いたのが11時ちょっと過ぎ。
昼食時と重なる時間帯なので、少しは空いていると思いきや
予想を覆し、この時間帯でも超満員。

気を取り直して
まずはこの前仕入れた、モン・ペラのディスパーニュが造る
シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション・ブラン2009

a0088939_183439.jpg
シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション・ブラン2009

生産者のティボー・ディスパーニュのコメントのように
柑橘系果実よりもトロピカルなフルーツの香りと甘味。
トロリとした口当たりだけど、フィニッシュは爽やか。
樽とステンレス・タンクをうまく使いこなしているからだろうね。

次はシャブリジェンヌのピエレレ新ヴィンテージ2009

キリッとしたシャブリ特有のシャープさに
青リンゴの酸や蜜のニュアンス。
毎年同じようなスタイルで造っているので
消費者は安心して買えるワインだね。


a0088939_1819848.jpg
シャブリジェンヌのピエレレ新ヴィンテージ2009

一通り白と泡をテイスティングしたあと
入り口の角にトゥア・リータのブースがあったので
赤の一番手はロッソ・ディ・ノートリ2010



a0088939_18252797.jpg
ロッソ・ディ・ノートリ2010

白ワインの直ぐあとだったので
グラスがまだ冷たくて汗かいてしまっている。
結構鮮やかな赤をまとったルビー色。
もっと黒色系をイメージしていたのでちょっと意外。
味わいも赤い果実のキュートな味わいだ。

時間が経てば、もっとどっしりとしてくるのだと思うが
2009の黒色系果実のどっしり系とはやや違うかな?
タンニンの滑らかさやミネラル感はさすが「ロッソ・ディ・ノートリ」
コスパバツグンのI.G.T.トスカーナ・ロッソだ。

続いてはスーパー・トスカーナ「パレオ・ロッソ2005」

昨年の秋に飲んだときは、まだ少し青臭い感じがあったのだけど
今回はバッチリな状態になってきている。


a0088939_1838690.jpg
パレオ・ロッソ2005
とにかく滑らかでシルキーなタンニン。
ローストされたコーヒーやスパイスのアロマが
青臭く感じるミント系のアロマを勝ってきて、私好みの香りが備わってきた。

続いては、モン・ペラのディスパーニュが造る
シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション・ルージュ2009

白も赤も2009は大当たりの年。
白も良かったけど、赤はさらに良かった!


a0088939_1852111.jpg
シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション・ルージュ2009

きれいなルビー色で
最初はステンレスタンク熟成のピュアな果実実が主張するのだけれど
フィニッシュには樽熟成からくるローストやブラック・ベリーなどの
重量感のある余韻が長く続き、高級ボルドーをイメージさせてくれる。
このワインは要注意!




a0088939_18595885.jpg

という事で一箇所目、新橋第一ホテルでの試飲終了。
2時20分くらいだから時刻はピッタリ。
銀座線に乗って京橋駅へ



a0088939_1944428.jpg

駅を降りて直ぐにある銀座一丁目ビル。
10階のオフィスに着くと、ジェンセンはすでに会場にいた。



a0088939_1971339.jpg
カレラ・セントラル・コースト シャルドネ・キュヴェV 2010

このクラスでもミネラルがタップリ。
マウント・ハーランのシャルドネが5%ブレンドされているそうだ。
カレラはピノ・ノワールも旨いけど、シャルドネも旨いね。



a0088939_19115538.jpg
カレラ・セントラル・コースト ピノ・ノワール・キュヴェV 2010

ピノ・ノワールはマウント・ハーラン・エステートの葡萄が26%もブレンドされている。
ジェンセンも4%入っているそうだ。
dancyuでピノ・ノワール大賞になった
キュヴェ・マウント・ハーランと同じような構成になっているので
キュヴェ・マウント・ハーランは終了しキュヴェVに変更とか。

これは取り扱い始めないとダメですな。
今月下旬に入ってくるみたいです。



a0088939_19182840.jpg
ピノ・ノワール・ド・ヴィリエ2008

カレラ・エステートで最も新しいド・ヴィリエ
ジェンセンに聞くと、畑はミルズと同じ区域にあるようで
味わいもミルズに似ている「プティ・ミルズ」

果実味タップリでジューシーで
ミネラルも豊富でスパイシーさもある。
食事とのマリアージュが楽しそうなワインだ。

食事って言えば
今日、14日の19時から大阪の聘珍楼で
ジェンセンのディナー・パーティーが開催されています。
今頃は美味しい料理と美味しいワインで舌鼓を打っている事でしょう。



a0088939_19265517.jpg

カレラのジョシュ・ジェンセンと私。
ワインはピノ・ノワール・ド・ヴィリエ2008
[PR]
by youlovechiko | 2011-09-14 19:32 | 試飲会・セミナー

イカ墨チーズ

a0088939_1220560.jpg

娘が土産に持ってきた富良野のいかすみ入りチーズ



a0088939_12211479.jpg

いかすみだから、切ると真っ黒

熟成させてから食べるらしいが
いかすみが熟成すると、どんなにおいになるのかな?

只今のところ、カマンベールにいかすみが混じってる感じ。
可もなく不可もなく

カザマッタ・ビアンコと食べるなら
サリチェッラ社のモッツアレッラ・チーズのほうが良いな!
[PR]
by youlovechiko | 2011-09-06 12:28 | 生活