<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カラスカレイのムニエルとロドルフ・ドゥモジョ

a0088939_17264557.jpg

お客様からロドルフ・ドゥモジョ ブルゴーニュ・ブラン2008
香りがイマイチとのコメントをいただいたのでテイスティングを兼ねて。



a0088939_17292448.jpg
ロドルフ・ドゥモジョ ブルゴーニュ・ブラン2008

このクラスでもミネラルたっぷりでワインが硬い。
最初は糖蜜の甘い香りがあるが弱く、味も酸が強い。
ナッツ、バニラなどの香りが加わり複雑になってきたのは
グラスに注いで3時間くらい経ってから。
ブルゴーニュは時間と根気が必要な飲み物なんだよな~。



a0088939_17345034.jpg
ロドルフ・ドゥモジョ ブルゴーニュ・ブラン2008




a0088939_17372289.jpg

ムニエルにチーズ・ピザ・ポテチを砕いてかけたもの
変なソースより、余程旨いぞ!



a0088939_1739243.jpg

ナビスコ チップスター・チーズ・ピザ味
1本あるととても便利
[PR]
by youlovechiko | 2011-03-28 17:44 | 生活

テスタマッタ・ディナー・パーティー

a0088939_155866.jpg



a0088939_1552640.jpg

2年ぶりの再会。
テスタマッタのBIBIグラーツ。

2011/3/9 東麻布のファンゴー・バンガロイド(FUNGO BUNGALOID)で
BIBIグラーツ来日プレミアム・ディナー・パティーが開催された。



a0088939_1559975.jpg
当日のメニュー
パーティーのご案内に添付したもの(ワード・ファイルが開きます)
http://www.wine-echigoya.com/testamatta dinner.doc

主催者のテスタマッタ輸入元、ヴィントナーズ社の進行で
ファンゴー・バンガロイド代表の挨拶
BIBIグラーツ挨拶のあとカザマッタ・ビアンコ2010からサービスされた。


a0088939_163533.jpg
魚介と山菜、フレッシュトマトの白ワイン風味


前菜は魚介と山菜、フレッシュトマトの白ワイン風味。
白ワインのソースがフレッシュなカザマッタ・ビアンコ2010にバッチリ。
2010はモスカートが10%ブレンドされているので、2009よりもフルーティー。
ワイン単体で飲むのなら良いけど、料理と合わせるのだと2009かな!?

2010は前菜まで、2009のカザマッタ・ビアンコなら軽い肉料理までOK

前菜の魚介はムール貝、あさり、ホタテのイメージが強く、魚は何があったか?
記憶にの残っていない。



a0088939_1613781.jpg
白インゲン豆と鶏のレバーで作るソーセージの煮込み


ボケボケで失礼。
2品目は白インゲン豆と鶏のレバーで作るソーセージの煮込み。
合わせたワインはANAファースト・クラスのワインリストにもオン・リストされた
トスカーナ・ビアンコの最高級ワイン「ブジーア2007」

コクがあってオイリーで
へたな赤ワインよりよっぽど深い味わい。
参加されたお客様がえらくお気に入りで
さいごのメイン・ディッシュまでこのワインで良いと言っていた。
実際、メインのラム・チョップにも負けない白ワインだったよ!

交渉して、お年玉価格で販売した時と同じくらいの価格になりそう。
近日中に入荷予定なので、乞うご期待!




a0088939_16235133.jpg
ウサギ肉の赤ワインラグータリアッテレ


またまたボケボケで失礼。
パスタ料理はウサギ肉の赤ワインラグータリアッテレ。
ワインはカザマッタ・ロッソ2010
モンタルチーノのサンジョヴェーゼ・グロッソもブレンドされている
サンジョヴェーゼ100%のカジュアル・ワイン。

これだけ飲むと美味しいのだけれど
前のブジーアのイメージが強烈に残っていて
実際、ウサギ肉にもバッチリ合うブジーアだったので
カザマッタ・ロッソは居場所がなくなってしまった感じ。




a0088939_16295334.jpg
ウサギ肉の赤ワインラグータリアッテレ

やっとピントが合った。
料理はさっきのウサギ肉の赤ワインラグータリアッテレ。
ワインはテスタマッタのセカンド、グリッリ・デル・テスタマッタ2008

一番最初に出てきたBIBIグラーツのサインと
『サンジョヴェーゼ、コロリーノ、カナイオーロはトスカーナの歴史であり未来。』
そのままのワインで、サンジョヴェーゼ80%
カナイオーロ10%、コロリーノ10%のブレンド。

サンジョヴェーゼの豊かな黒色果実の香り
骨格もしっかりとしており「ミニ・テスタマッタ」の感じ。
以前のグリッリより遥かに進化していて美味しい。




a0088939_16393330.jpg
ラムチョップのロースト


メインはラムチョップのロースト、ワインはテスタマッタ2007

テスタマッタ2005から完全に方向性が決まったようで
サンジョヴェーゼ100%で素晴らしいワインを造っている。

抜栓からグラスに注いだ後、さらに時間の経過で絶えずワインが変化し
サンジョヴェーゼの芳香が絶えず放たれる。
しっかりと主張するタンニンは絹のように滑らかで
2007は今でもバランス良く飲める。


ア!またやった!!
デザート撮るの忘れた。
デザートはガトーデビス。
コーヒーで締め。


BIBIグラーツが各テーブルを回って、皆さん記念撮影。
最初にでてきた2ショットは
パーティーがお開きになってからお店の入り口で。

皆さん大満足のパーティーで
私も仕事を忘れて、大変満足した1日だった。



a0088939_16543858.jpg
ファンゴー・バンガロイド店頭で参加されたお客様と
[PR]
by youlovechiko | 2011-03-10 16:57 | パーティー

カザマッタ・ビアンコ2009は抜栓翌日が旨い!

a0088939_15405765.jpg
カザマッタ・ビアンコ2009

またまた鶏肉。
今回はチキンのバジルソース・ソテー。
今回はカザマッタ・ビアンコ2009を飲むと決めていたので
バジルチキン・ソテーに直ぐ決まった。



a0088939_15444062.jpg

付け合わせはレタスを油で炒めてカッテージ・チーズをのせたもの。
前に1回やって、結構ワインに合ったので今回も採用。
簡単で旨いので便利。

抜栓直後のカザマッタ・ビアンコ2009
白ワイン特有のガスを含み、酸も強めに主張する。

ヴェルメンティーノの特徴である
フレッシュなグレープフルーツや白い花のアロマはしっかりと香るので
そのままワインだけ飲みたくなるが、単体だと少々いただけない。

チキン、チーズを口に含んでからだと
食事の邪魔をしない、1+1が3になるようなワイン。



a0088939_15505050.jpg

カザマッタ・ビアンコ2009 綺麗な黄金色。


抜栓翌日、見事に華開く。
黄金色はさらに輝きを増し、ガスも抜けてボディがふくよかになる。
単体で飲んでも美味しい。



a0088939_155451.jpg

2日目のメニューはしらすとレタスのサラダ
中の薄い黄色の物体は亀田の奏でるチーズ。


a0088939_15555626.jpg


ゴルゴンゾーラやチェダーー・チーズを使ったおかき。
これだけで白ワインにバッチリ合うよ!
[PR]
by youlovechiko | 2011-03-09 16:06 | 生活

昨日飲んだコディセ

a0088939_2135846.jpg

ガーリックとブラック・ペッパーの利いたチキン・ソテー。
緑の野菜はキャベツの塩ゆでとレタスのサラダ油炒め。
レタスは油で炒めると白ワインにも赤ワインにも
ソース次第でどちらにも良く合う。



a0088939_2163313.jpg
コディセ

飲んだのはテルマンシアでパーカー100点を獲得した
マルコス・エグレンが造るテーブル・ワイン「コディセ」
旨安のテンプラニーリョだよ!



a0088939_2111103.jpg
コディセ2008の色
テーブルワインでも樽熟成6ヶ月もかけているから
味わいも深いし、アロマも華やか。
飲み過ぎ注意報(警報)発令だね。
[PR]
by youlovechiko | 2011-03-01 21:16 | 生活