<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

旨安バローロはとってもGOOD!

a0088939_12341142.jpg


長姉から馬刺しをもらったので、何か良いワインがないかと思ったら
ジビエにピッタリのバローロがあるのに気付いて。

旨安のバローロ、モラネラ・バローロ2005

試飲会場で飲んだ時は
バローロの特徴が良くでていて美味しいと思ったものの
力強さにやや欠ける感じだったんだけど
昨日改めて飲んでみると、これがその時より素晴らしい。

ネッビオ―ロ種特有の豊かなアロマに
滑らかに舌と喉を通り抜けるワイン。

ここまでは試飲会の時と同じだけど
そのあとの余韻、力強さが長く続く特徴がプラスされた。

やっぱりバローロはパワフルだね。
自分用に6本買ってしまった!
[PR]
by youlovechiko | 2010-11-30 12:43 | 生活

トゥール・サン・ボネ、メドック・スタイルで良かったね!

a0088939_16525248.jpg


できあいのロースト・ビーフを買ってきて
休みの日の昨日の晩餐はメドック・クリュ・ブルジョワの
シャトー・トゥール・サン・ボネ2008

ロバート・パーカーさんがお気に入りでケースで買って飲んでいるらしい。


a0088939_16561438.jpg
シャトー・トゥール・サン・ボネ2008

低価格ながら典型的なメドック・スタイル。
タニックで小ぶりなポーイヤックって感じ。
世界的評論家が飲んでいる、リーズナブルで美味しいワインだ。
[PR]
by youlovechiko | 2010-11-23 17:00 | 生活

連日の試飲会、ゾッコライオは良かった

a0088939_20321717.jpg

シャトー・コスが造っている「グレ」と話題の「プピーユ」
奥はプピーユのセカンド「シャトー・プピーユ」

プピーユはメルローの果実味の濃い「濃いぞ~」って感じ。
セカンドのシャトー・プピーユの方が、今飲むんだったら良いかな!?

グレは樽のトースト具合が素晴らしい。
シャトー・コスの樽使っている?って聞いたけど、詳細は不明。
近日中に販売予定。

で、取り扱いのワインを検証。


a0088939_20432938.jpg


ロ・ゾッコライオ バルベーラ・ダルバ スクレこれはコスパ抜群。
バルベーラの濃厚な果実味が味わえる。

レ・カーヴ・ド・クロシェ・キュヴェ・スペシャル
写真撮り忘れたけど、これは毎年金メダル取るだけあって
毎年安定したクオリティーで良かった。家飲みには最高だね。

コスパ抜群だったのがバローロ


a0088939_20484313.jpg

ネッビオ―ロの特徴がはっきりと出ていて、リゼルヴァ・クラスにはかなわないけど
5,000円クラスのバローロには十分対抗できる。
そんでもって、2,000円台で販売できれば、買うよね!?
2,000円台で販売予定だから乞うご期待!
[PR]
by youlovechiko | 2010-11-11 20:53 | 試飲会・セミナー

カレラ・ジェンセン飲んできました

a0088939_20262078.jpg

光ってしまいましたが、銀座一丁目ビル10Fにある
ヴィノラムのオフィスでカレラ・ジェンセン2007を飲んできました。

カレラ・エステートのワインをすべて飲んできました。
最初は2007が初ヴィンテージの「ド・ヴィリエ」
カレラ特有のミネラル分が不足気味なのでジョシュ・ジェンセンに聞くと
まだ若い畑なので、これから徐々に良くなるとの事。

なるほど、次に若い「ライアン2007
初ヴィンテージが2002だそうで、このワインはかなり良くなっています。
2007は良いヴィンテージだとジェンセンが言っていたけど
ライアン2007はキュートな赤いチェリーの甘い果実味が魅力。
ミネラルもしっかり感じられます。


a0088939_20335925.jpg
カレラ・ライアン2007


次は私の一番好きな「ミルズ
タニックでしっかりとしたフルボディのピノ・ノワールです。
2007も文句なく美味しい!

その次は「リード2007」
ジェンセン、セレックと同じ、一番古いパーセル。
甘い感じが強かったのはテロワールのせい?

ジェンセンに聞くと、醸造に関してはすべて同じだそうで
ワインの味が色々出来るのは、すべてテロワールによるものだそうです。

そして「ジェンセン2007
いつ飲んでも、エレガントなアロマはジェンセンならでは!
華やかさなら『ダントツ』のピノ・ノワールです。

最後は「セレック2007」
タニックで、一番ブルゴーニュらしいピノ・ノワール。

同じ1975年に植えたリード、ジェンセン、セレック
標高もほとんど同じなのに、『テロワール』ってほんとに凄い。

通訳を介して、マンツーマンでジョシュ・ジェンセン本人に色々聞けて
すごく実りのある試飲会でした。



a0088939_2047477.jpg

[PR]
by youlovechiko | 2010-11-10 20:51 | 試飲会・セミナー

ル・ドワイエネ2005はいいね~!

a0088939_1233556.jpg


試飲を兼ねて、鶏もも肉のグリルに
シャトー・モンペラのお隣
コンサルタントもミシェル・ロランという
シャトー・ル・ドワイエネ2005を飲んだ。



a0088939_12374154.jpg
シャトー・ル・ドワイエネ2005

暗紫色、黒色系果実のタップリな果実味、旨味タップリのワインだ。
無清澄、無濾過なので澱もタップリ


a0088939_12413624.jpg


まだ果実の生き生きした味わいながら、さすがミシェル・ロラン
タンニンは豊富だけれど柔らか。
ちょっと熟成感がでてきた2003と甲乙つけがたいな!
[PR]
by youlovechiko | 2010-11-03 12:46 | 商品紹介

スペインワイン&フード商談会

a0088939_1737358.jpg


今日、六本木のANAインターコンチネンタルホテルで開催されている
スペインワイン&フード商談会2010に行ってきました。

入場制限がしてあるので、どのブースでもゆっくりと試飲ができてGOOD!
誰でも入れてしまうのはちょっと考えものと思っていたので
このような方向で試飲会が行うようになるのではないでしょうか。

本日一番の発見は
写真の真ん中のワイン、EC
今流行りのエコじゃないですよ!
エミリオ・クレメンテのEC

どこのショップも取り扱いがまだのようで
グーグルの検索にも3件しか出てこない。

そのうち、1件だけ2009年のスペイングルメフェア2009の模様を
しっかりと解説してありました。
でも売っている形跡がみられないな?



a0088939_1748896.jpg


新樽が利いていて、今流行のスタイル。
果実の甘みやエレガントな酸、タンニン分は柔らか。
2,000円を切って売れるワインなので扱いたいのですが
なんせ、資料が乏しい。
ネットではチョイ難しいか?

レストランに置いてあったら、迷わずオーダーするワインなんですけどね。

旨安のムールヴィエドロ・ティント・レゼルヴァと甲乙つけがたいですね。
[PR]
by youlovechiko | 2010-11-01 17:51 | 試飲会・セミナー