<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

甥の結婚披露宴その1

2009/12/6 大安吉日 前日の雨とは大違い。
絶好の好天に恵まれて、甥の結婚披露宴が
浦安のシェラトン・グランデ・トウキョウベイ・ホテルで行われた。
その1の訳は数日後のブログで

食に偏ってブログを構成。
これはワイン屋だからしょうがないよね。

乾杯はシャンパン。


a0088939_21363039.jpg

ドン・ペリニヨン2000
最近はドン・ペリで乾杯が流行りなのか???


前菜を撮るのを忘れてしまったが
前菜の海の幸と季節野菜のタブレ ハーブのブーケトスに幸せを込めて
にピッタリだったので、シャンパンが瞬く間になくなった。

ドン・ペリは乾杯用のみ。
ホテルの常備品はカバ。
コドルニューだったと思うけど、ドン・ペリのあとだったから甘い。
カバでも、もっと辛口のものが良かった。



a0088939_21462054.jpg


次は本マグロの中トロ ミー・キュイ仕立て葱油の香り 四万十川のあおさ海苔
 本わさびソース。
あおさ海苔の香りが凄く強い。葱油の香りはどこへやら?って感じ。
これにもドン・ペリがピッタリ。
でも、ドン・ペリは先ほど終了、現在は甘いコドルニューのカバ。
ドン・ペリのドライな感じが口に残っているので、どうしても甘く感じる。




a0088939_21523461.jpg

続いては白ワインと料理。
料理はタラバ蟹とフカヒレの澄ましスープ 金箔の輝き

白は、最後に出てくる赤と同じ「ジネステ」
アキテーヌのコンクールで銀メダルを受賞している。
バリューボルドー2009にも載っているワイン。
ソーヴィニヨンとセミヨンが半々。
フルーティーで軽やかで、ソーヴィニヨンのアロマが爽快。
このスープにはよく合った。

次の料理は撮り忘れてしまった。
オマールとマスクメロンのフリカッセ 爽やかな酸味の柑橘ソースで

マスクメロンの甘みがソースを支配していて
爽やかな白ワインには合わない。
で、さっきの甘く感じたカバをオーダー。
なるほど、この料理があるから、さっきのカバがあるのかな?
バッチリのチョイスだった。

メインは牛フィレ肉と蕪のロースト タワー仕立て
   エストラゴン風味香るシャトーブリアンソースを添えて



a0088939_223251.jpg


これは説明の必要ないでしょう。
フィレ肉とソースの絡みは旨いに決まっている!
蕪も自然の甘味があって美味しい。



a0088939_2210992.jpg


赤ワインは、先ほど登場した白と同じ「ジネステ」
軽めのミディアムボディだけど、樽がうまく利いていて
バランスが良いから、何にでも合いやすい赤ワインだと思う。
私的には、もう少し重い感じが良かったけど・・・

a0088939_22141615.jpg


と言いながら、ジネステのボトルをキープして、義理の弟と1本飲んでしまった。

デザートは色々な果実のムース ミントスープ仕立て 淡雪を乗せて
このスイーツは甘い。非常に甘い。
少々いただいて、残念だけど残した。

もう一つ、チョコレートケーキがデザートとして付いた。
こちらはやや甘いが、チョコレートの苦みとコーヒー、赤ワイン、これが良かったので
最後までいただいた。

途中で出てきたパンは自家製だと思うが、非常に美味しいパンで
普通パンは食べないのだけれど、2個食べてしまった。
[PR]
by youlovechiko | 2009-12-09 22:24 | 生活

シャトー・シマールを飲みました

神の雫のコラム「今夜使えるワイン談義」
シャンパン女番長・藤崎さとこの
夜な酔な(よなよな)ワイン実験記に登場した
シャトー・シマール
を飲んだ。

女番長は豆腐とXO醤油で飲み過ぎ注意報発令とか。
豆腐はあるにはあるが、女番長の言う木綿の硬めでなく
注入豆腐の柔らかなもの。
さらにXO醤などない!

同じようなもので厚揚げがあったからこれでトライ。



a0088939_2128298.jpg

長ネギのみじん切りに塩、ごま油を混ぜたもの。
非常に簡単、でも美味しい。
シャトー・シマール
は繊細なワインなので、この取り合わせ、意外といける



a0088939_21311048.jpg

次は残っていたミートソース缶詰をかけて。
以外や以外、見た目以上に合わない。
味がボケてしまった。



a0088939_21335399.jpg

ミートソースと茄子
茄子はオリーブオイルで炒めておく。
油、茄子、ミートソース、最強の組み合わせだね。
赤ワインなら何にでも合いそう、これは合格。


シャトー・シマール、抜栓翌日。
まだまだ残っているミートソース缶詰。



a0088939_21424051.jpg


ただかけただけではダメなのがわかったので
オイスターソース、にんべんのつゆの素少々を加えて
味に膨らみをもたせたら、これが大成功!

鮭は軽く酒、醤油で味付けしておき
小麦粉をまぶしてフライパンで焼いた。




a0088939_21451331.jpg
シャトー・シマール2004

オーゾンヌが造るもう一つのワイン、シャトー・シマール

ミシェル・ロランがコンサルタントなので、もっとこってり系かと思いきや
アロマが豊かでミネラル感があって繊細な昔のサンテミリオン。

鮭の料理が美味しかったからもあるけど
抜栓2日目がおススメのワイン、アロマは1日目の方が華やかだけどね。
[PR]
by youlovechiko | 2009-12-01 21:53 | 生活