<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イタリアンにはコレ!

a0088939_12264735.jpg


またまた登場、クノール・カップスープ
イタリアン完熟トマト

炒めた野菜にお湯を入れて
これを溶かし混ぜれば、立派なソースに早変わり



a0088939_12291627.jpg


ソースの上に紅鮭とアスパラをのせて。
鮭は一口大に切り、塩、コショーをして、小麦粉、片栗粉をまぶし
表面がカリッとするまで炒める(揚げる)すると美味しい。
アスパラは他の野菜と一緒に炒めて、お湯入れる前に取り出して!



a0088939_1238379.jpg
カサーレ・ヴェッキオ・モンテプルチャーノ・ダブルッツォ


濃い目のソースなので、モンテプルチャーノのこのワインと合わせたかったけど
残念ながら品切れ。
4月にまた入るので、その時は再チャレンジ。




a0088939_1247924.jpg
カザマッタ・ロッソ2007


飲んだのはカザマッタ・ロッソの新ヴィンテージ2007

前ヴィンテージまで、テスタマッタで使用したバリックを使って熟成していたが
2007はステンレス・タンクのみ。
色々な畑のサンジョヴェーぜを使って、綺麗な酸が上手くのった、ストレートな味。

紅鮭を美味しくいただけて、満足な夕食だった。
[PR]
by youlovechiko | 2009-03-27 12:57 | 生活

手抜きソースの2回目

a0088939_12183053.jpg


今回はカジキマグロのクリーム煮。
にんにく、玉ねぎ、カジキマグロは必須。
あとはありあわせの野菜で。
牡蠣を入れたら、だしが出て非常にGOOD!
あさりでもホタテでも、貝を入れた方が良いかな。



a0088939_12222830.jpg

ソースの素はコレ
クノール・カップスープ コーン・クリーム。
混ぜるだけでこってりとしたコクのあるソースになる。



a0088939_12273872.jpg
アデガ・デペゴエス・コルエイタ・セレクシォナーダ・ブランコ

飲んだワインはポルトガルの白ワイン
アデガ・デペゴエス・コルエイタ・セレクシォナーダ・ブランコ


ハンパないコスパの高さにビックリ!!

樽熟成させたリッチな味わいと、クリームソースの相性はバッチリ!
[PR]
by youlovechiko | 2009-03-14 12:35 | 生活

ロッカペスタ生産者来日ディナーの写真です


a0088939_16345833.jpg
2/26(木)、東京汐留シオサイト5区イタリア街にある
ピッツェリア&トラットリア「フィオラヴァンテ」 で開催された
生産者来日ディナーの最後のショット。

前列、中列はお客様、
最後列、肩を組んでアルベルト・タンツィーニ氏(右)と
フィオラヴァンテ・シェフ、ファビオ・ディプレ氏(左)
アルベルト・タンツィーニ氏の右は通訳のスザンナさん。

とっても楽しい一日でした!(^_^)/

お料理、ワインの様子は
http://youchan310.exblog.jp/8007441/
[PR]
by youlovechiko | 2009-03-10 16:38 | 試飲会・セミナー

手抜きイタリアン

a0088939_18382480.jpg


鮭の切り身、ナス、玉ねぎ、ほうれん草
ワインが飲みたくなったのと、ヴィンテージが変わったので
シシリーのネロ・ダーヴォラを開けることに。

イタリア・ワインにはやっぱりイタ飯。
トマトソースを作る手間が省ける便利な食材がコレ!


a0088939_18425074.jpg


鮭の切り身は一口大に切って、塩、コショーをし
片栗粉、小麦粉を混ぜた粉をして
にんにく少々を入れたオリーブオイルで炒めて取り出しておき

野菜は同じフライパンで炒めて
(ほうれん草はサッと湯がいて取り出しておく)
炒めた中にお湯をカップスープの量入れて煮込む。

柔らかくなったら、カップスープを少量ずつ入れながら混ぜて
鮭の切り身を戻して蓋をして、弱火で少々煮込む。

塩、コショーで味を調えて
皿に盛ったら、ほうれん草をあしらって出来上がり。
お好みでパルメザンチーズの粉をパラパラ。

ネロ・ダーヴォラとの相性はバッチリ(^_^)/
[PR]
by youlovechiko | 2009-03-05 18:55 | 生活