<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ミシェル・ロラン来日セミナー

a0088939_18545913.jpg

フライング・ワインメーカー『ミシェル・ロラン』が日本にやってきた。
会場は有楽町駅前の有楽町電気ビルヂング20階日本外国特派員協会内

ロラン氏自らが経営する10シャトーのワインをフリーテイスティング
2時30分からセミナーをしながらのテイスティングをした。

ちょっと前までのロラン氏のワインは、樽の要素が勝ちすぎている感じがあったが
セミナーでテイスティングしたワインは、テロワールを忠実に表わしているワイン
というイメージが強かった。


a0088939_195267.jpg

全部クラッシュせずに飲んできたぞ~!

ペトリュスのクリスチャン・ムエックス氏が来日して開いた『プロヴィダンス』
のセミナーの時に、テイスティングで一番大事な要素は『プレジール』
って教わったばかりだから、吐き捨てず飲んで楽しんできた!


テロワールの違いが如実に出ているのが
アルゼンチンワインのヴァル・デ・フローレスとヤコチューヤ。
ロラン氏は、この2本のワインの違いを理解してもらおうとして
2本同時にグラスに注いでテイスティングさせた。

同じマルベック100%のワインなのに香り、味わいがかなり違う。
ヴァル・デ・フローレスはエレガント系
ヤコチューヤはミネラルたっぷりなワインで
ボルドーで例えると、ポムロルとグラーヴくらい違いがある。

葡萄品種が同じで醸造もほとんど同じなのに
テロワールの偉大さを改めて学んだセミナーだった。


最後に、ペトリュス、ル・パン、ロラン氏のル・ボン・パストゥールについて
質問してみた。

ペトリュスの偉大なテロワールにはル・ボン・パストゥールは勝てないそうだ。
ル・パンはアメリカで人気が出て、生産量が極端に少ないので希少価値が生まれ
価格が高騰したので、テロワールではペトリュスが上!って言っていた。


くしくも、自分が経営するル・ボン・パストゥール、79年からだったかな?
携わっているル・パン、どちらもペトリュスには及ばないのではロランさん、辛いね。


セミナーが終わって別室で一緒に写真を撮ったので
出来上がったらアップする予定。

その時にプロヴィダンスのセミナーの写真をロラン氏に見せて
『プロヴィダンスは飲んだ?どんな感じ?』

と質問してみたら英語で
「Very Good」
と答えが返ってきた。

やっぱりポムロルのワインは凄いな!
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-30 20:32 | 試飲会・セミナー

パルムドール・ロゼと八重桜

a0088939_20464792.jpg

ポカポカ陽気の4月22日。
その名も『銀座桜通り』を通ってホテル西洋銀座へ

今日はニコラ・フィアット社ラグジュアリー・シャンパーニュ
『パルムドール』のテイスティング・セミナーに参加してきた。

a0088939_20495092.jpg

画像は2000だけど、テイスティング・セミナーに出てきたのは2002。
ピノの当たり年2002の2つのグラン・クリュ畑で採れたピノ・ノワール100%の
シャンパーニュ。

このワイン、白ワインと赤ワインをブレンドして造るのではなく、ピノ・ノワールの
セニエから造っているそうだ。

アロマは良質のピノ・ノワールそのもの。
しっかりとした、複雑でコクのあるピノ・ノワールのワインを飲んでいる感じのあとに
良質のキメの細かい泡立ちがフレッシュさを与えている。

複雑でコクのある味わいとフレッシュさが同時に
それが喧嘩するわけでもなくバラバラにならないのは
「シャンパン」という独特のワインだからできる技なのだろう。


ドン・ペリの価格帯を意識して、やや低めに価格を設定しているとか。
それでもロゼは税込25,725円。

クラッシュせずすべて飲みほして、また銀座桜通りを有楽町駅へ向かった。
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-22 21:29 | 試飲会・セミナー

新玉ねぎとカニ風味かまぼこ

a0088939_10164217.jpg

スライスしておかかをかけて、味ぽんかけて食べる方がおいしいのかも?
でも白ワインの時はひと工夫。


以前作ったダシ入りみそバターソース
http://youchan310.exblog.jp/6866214/

白ワインには抜群の相性。
今回もこれのお世話になった。

飲んだワインは、もう少しで取扱い終了の
フラスカーティー・スペリオーレ2005
a0088939_1024851.jpg




トレッビアーノ種のフレッシュな果実味、甘味や酸味が清々しく、フィニッシュのちょっとした苦味がいいんだよな~!!

夏場の暑い時に重宝したワインだったのだが
なんでも、取扱する時のロットがものすごい量になるので止めたとか。

個人用にちょっと売らないでとっておこうかな!
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-16 10:31 | 生活

2週間で

満開の桜3月29日
a0088939_18251563.jpg



桜吹雪がキレイ!4月5日
a0088939_18262737.jpg





そして満開から2週間、4月12日
a0088939_18274589.jpg





桜の花もそうだけど
桜に合わせたように下に咲いてる白い花も無くなった。

仕事帰りの和みの一時。
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-12 18:31 | 生活

3ッ星レストランも認めた味わいのワインと一緒に食べた

a0088939_208292.jpg

以前、昼飯に作った中華焼きぞば。
白ワインに合うはず!と思って
今回は上の具だけ作って白ワインを飲んだ。


合わせたワインがコレ
a0088939_20114374.jpg
シャトー・マス・ヌフ キュヴェ・トラディション・ブラン2006 


ラングドック・ルーション地方、コスティエール・ド・ニームのワインで
完熟したトロピカルフルーツの果実味とフレッシュでしっかりとした酸がのった
バランスの良いワインは、ミシュラン3つ星レストランでも採用されている代物。


ワイナート44、5月号にちょうどインタヴュー記事が載っていた。
南仏でこんなにメリハリの効いたワインができるのは、内陸より暑いのに、夜や早朝
は海風の影響で涼しいので、完熟しつつも酸を保つ事が出来るんだそうだ。
「ローヌ・パラドックス」と呼ばれるユニークな土地なんだって。


それで料理との相性は!
コレ、バッチリ!!

ミシュラン3つ星レストランの味にも負けないぞ!?
なんちゃって(^_^)
ワインがどんな料理にも合わせやすいバランスしてたからね。
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-10 20:28 | 商品紹介

今年は終わりかな

a0088939_16193932.jpg

先週の土曜日は満開だったけど





a0088939_16203072.jpg

今日は桜吹雪が綺麗だった。
今年は今日、明日でお花見も最後かな???
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-05 16:22 | 生活

残ったワインと残ったそばつゆで

a0088939_11381913.jpg

お昼に食べたそばのつゆが残ったので、カツオのカルパッチョを食べたときに飲んだシシリーのワインのおつまみに作った。

マイタケ、シイタケ、アスパラをごま油で炒めて、つゆをからめ、最後にブラックペッパーをパラパラ。


ごま油+そばつゆ+ブラックペッパー=赤ワインに合うおつまみの味付け

これかなりの確率で正解だよ!
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-04 11:46 | 生活

カツオのカルパッチョ

a0088939_1118251.jpg

カツオが美味しい季節だけど、生のままワインに合わせるのは難しい。
だから生まれた料理なのだろうか?
カツオのカルパッチョを作ってみた。

ガーリック・オイルを作って、カツオの表面に焼き色をつける。

ソースは
おろした新玉ねぎに味ぽん、しょうゆ、グレープシードオイルを入れ
さらにカツオを炒めて残ったガーリック・オイルに赤ワイン少々
しょうゆ少々を入れたものも混ぜる。

カツオの下にはレタス、新玉ねぎの千切りが敷いてある。
上の緑は大葉の千切り。
この上から、作っておいたソースをかけ、ピザポテトを砕いたやつをふりかけて
マヨネーズ、オイスターソースを混ぜたものをかけたのがこの状態。

左に微かに写っているシシリーのワインと一緒に食べた。
『うん、美味しい、合格!』

上にふりかけるポテチ、最初はガーリックポテチのつもりだったが売っていない。
ピザポテトの裏を見ると、ガーリックパウダー使っているので良しと買ってきたが
これが大正解!!

チーズの香りと味がカルパッチョに良く合った。
皆さんもお試しあれ。
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-03 11:42 | 生活

寿司とシャンパン

a0088939_12143897.jpg

*画像はイメージ、食べた寿司ではありません。


寿司とシャンパンの相性が良いというので、最近、試飲会場で寿司職人の人を
見かけることがある。
昨日は親父の87回目の誕生日ということで、姉妹が集まって、寿司を食べながら
クレマン・ド・ブルゴーニュで乾杯した。


a0088939_1222417.jpg

改めて飲んでみると、このクレマン、すごくクオリティが高い。
並のシャンパーニュと全く変わらない。
シャンパーニュの半分の金額で飲めるのがいいね!


で、相性なんだけど
合わなくはないが、やっぱりベストマッチは日本酒、それも辛口の本醸造酒がいいんじゃないかな!?

しょうゆ付けたらまったくダメ。
塩やレモン汁で白身魚はよく合った。

次に飲んだのがアルザスのリースリング


a0088939_1228516.jpg

スパークリングよりこっちのワインの方が合うって姉ちゃん達は言ってたけど
このワイン、比較的どんな料理にも合うから重宝だよ!
かっぱ巻きに塩ふって食べながら飲んだのが一番よく合ったかな(笑)
[PR]
by youlovechiko | 2008-04-01 12:36 | 生活