<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ペトリュスのクリスチャン・ムエックス氏のセミナー

a0088939_2126336.jpg

携帯の画像なのでボケボケですが。デジカメで撮ってもらいましたので、ちゃんとした画像は出来上がりましたら掲載したいと思います。

2008/1/30水曜日、ホテル西洋銀座にて、ペトリュスの社長クリスチャン・ムエックス氏来日記念、ムエックス・プロフェッショナル・テイスティング・セミナーが開催された。

定員100名の席が満席となり、キャンセル待ちで待機していた人も出るほど盛況なセミナーでした。



a0088939_21365130.jpg

将来ペトリュスに次ぐ位置づけになると予想されるプロヴィダンス2005。ラ・プロヴィダンスとして前オーナーがリリースしたものはあったが、ムエックス社でリリースしたのは2005が初。こんな感じでメモをとりながら、テイスティングしながら。

ムエックス氏曰く
テイスティングの要素は4つあるそうだ。
1に色を確かめる
2に香りを確かめる
3に味わいを確かめる

そして4がプレジール。
喜びを感じる!で、これが一番大事な事なのだ。
だからクラッシュ(吐き捨てる)しないで飲んでほしいとの事。



a0088939_21454256.jpg

テイスティングしたのは
1番目がシャトー・ラグランジュ・ア・ポムロールの2004、2005。
2004は非常に豊かな香りで飲み頃。
レストランですぐに出して飲んでほしいワイン。
2005はまだで、デキャンタがほしいワイン。

2番目が紹介したプロヴィダンス。
シャトー・ラ・プロヴィダンス2002とシャトー・プロヴィダンス2005。
2002は前オーナーのワインだけど、アロマが豊かで、やわらかくバランスも良いワイン。2002のあまり良くないヴィンテージなのにバランスが整っていておいしい。

と思ったら、2005にはぶっ飛んだ!!
スケールが全然違う。
まだまだこれからのワインだけど、若いうちからでもおいしく飲める。

またムエックス氏曰く
良いワインは若いうちからでもバランスが良い。
若い時は硬くて飲めなくても、熟成するうちにおいしくなるというのは今では当てはまらないそうだ。
このプロヴィダンス2005を飲まされてしまっては当然と言える。

3番目がラ・フルール・ペトリュスの2004、2005。
ここの土壌は砂利質で、ポムロールのワインというかグラーヴのワインのように緻密でエレガント。2004はラグランジュと同じように香りが豊か。
2005はこれまたすごいワイン。
フローラルな香りと果実の香り、そして果実実がタップリ。
少々時間がほしいけど、ムエックス氏の言うように、良いワインは若いうちからバランスよく美味しいのだ!

6種類すべてのグラスを飲みほして
十分にプレジールしたセミナーでした。
[PR]
by youlovechiko | 2008-01-30 22:06 | 試飲会・セミナー

家族新年会

当日の一こま
新年明けましておめでとうございます。
a0088939_1265448.jpg
アルタディ・カバ・ブリュット1998

ロバート・パーカー100点獲得生産者が造る唯一!?のスパークリングワイン
アルタディの1998カバで乾杯。
熟成感とフレッシュさがどちらも感じられ、アペリテフだけでなく、シーフードにもピッタリ。海の幸のサラダを美味しくいただいた。


a0088939_12113797.jpg

カバの次はこちらの白ワイン
カバのクオリティが引き立ってしまったが、こちらも結構いける。


a0088939_12135034.jpg
ロッシュ・ブランシュ2005 コート・デュ・ヴァントゥ

次は魚料理。
鱈、かぼちゃ、帆立を素揚げして(海老もだったか?)バルサミコ酢のソースで。
料理の名前が分からない('_:)


a0088939_12194651.jpg


こちらの料理に合わせたのがこのワイン。


a0088939_1222582.jpg
シャトー・カントグリーヴ1998

コート・ド・カスティヨンのシャトー・カントグリーヴ1998
今年で10年のワイン。
熟成された柔らかな果実味と、まだ生き生きしたベリーの果実味が残っていて料理との相性バッチリ!
隣に座っていた甥っ子が前に出てきた白ワインしか飲まないので
「赤ワイン嫌いか?」
と尋ねると
「魚料理には白ワインだと思った」だって。

みんなもそんな風に思ってる!?
ソースを指して
「ソースが赤ければ赤ワインでO.K」
と教えてあげると、美味しそうにカントグリーヴを飲んでいた。


すると、対面に座っていた義兄と私の長女が
「このワイン、クセがある」
と言い出した。
このワイン、樽熟成しているので、樽の香りがそう感じたらしい。
私も最初はそう感じたんだけど、果実の香りと樽の香りが絶妙に混じりあったアロが鼻腔をくすぐる魅力的な香りに感じるのには、時間がかかるかな?
でも、はまっちゃうと奥が深いのがワイン!



a0088939_1237876.jpg

メインの前に出てきた、牡蠣のトマトソースパスタ。
これだったら自分にも作れそう!
量を増やして主食にして、トスカーナのワイン開けて一緒に食べるとバッチリだと思う。今度試してみよう!



a0088939_1240758.jpg

メインのフィレステーキ。
醤油ベースの和風ソース。



a0088939_1245598.jpg
シャトー・モンペラ2005

写真は2003ヴィンテージのものだけど、実際開けたのは史上最高のヴィンテージと言われている2005。
買えなかった人にごめんなさい。この日のために2本とっておきました。

抜栓してグラスに注いで口に含むとまだまだ。
お店にデキャンタがなかったので、水をサービスするピッチャーを借りてデキャンタ代わりにして、再度口に含むとかなり良くなった。

グラスに入れてスワリングしながら飲むと、黒系果実の果実味に果実の香り、チョコレート、トースト、ローストの香りが立ち上ってくる。
果実味は十二分にあるし、ボディも申し分ない。
2001や2003をさらに大きくしたようなワインで大満足。



a0088939_12562967.jpg

最後にデザートとコーヒーがついて、会費は5,000円。
毎年やってくれ!っていう姉妹達のリクエストにいつまで応えられるか。。。
[PR]
by youlovechiko | 2008-01-17 13:01 | 生活

さばみそ煮缶詰とシャルドネ

a0088939_18564479.jpg

新年あけましておめでとうございます。
新年早々缶詰からの始まりです。

2日夜9時テレビ朝日『超ぷっすま』を見ましたか!
ソムリエの田崎真也さんがマルハの缶詰でワインに合う
商品をランキング付けして、その第1位を当てるというゲーム。

第1位になったのは
『極みのさばみそ煮』
これ、缶詰ではなく、アルミ薄の貼ってある紙製の容器に入っている、煮汁の殆ど
無い商品だと思うんだけど違うかな?

早速スーパーで探したんだけど無かったので、同じようなもので代用
『さばみそ煮 月花』を購入。
国内産さばを信州産の味噌で煮てある缶詰で、以前キャンティの時に食べた通常のさばみそ煮缶詰よりやや高い商品。

これ(本当は極みのさばみそ煮)に合わせたワインはなんとシャルドネ!
赤ワインじゃないの!
って疑いたくなっちゃうでしょ。。

ニューワールド系の少しこってり系のシャルドネがいいらしいので
合わせたワインがこれ


a0088939_1924315.jpg
ラプラヤ・シャルドネ2005 ブロックセレクション・リゼルヴァ

半信半疑で一口食べてワインを飲んでみるとなんとビックリ!ベストマッチ!!
さばの油と味噌の塩味、砂糖の甘味が絡んだみそ煮缶詰は、樽熟成されたトロピカルフルーツの甘味を持ったニューワールドのシャルドネには、キャンティよりもさらに合いそう!

さすが世界NO.1になったソムリエさん!
経験と天性の感なんでしょうね。
盛り付けを凝って、付け合せも凝れば
下手なお店で出てくるものよりよっぽど美味しいと思うよ!
[PR]
by youlovechiko | 2008-01-04 19:32 | 商品紹介