カテゴリ:生活( 223 )

ジビエはないので鶏肉で

a0088939_11283603.jpg
エチケットの写真は野雁だそうだ。
北ヨーロッパの顧客から狩猟シーズンをターゲットとした商品を開発してほしいとの要望で造ったワイン、その名もハンティング・シーズンを開けた。

このワイン、カベルネ・ソーヴィニヨンにボナルダをブレンド。
ボナルダはイタリアでは「クロアティーナ」とも呼ばれている黒葡萄品種。
まろやかさや厚み、複雑さを加える葡萄であるが、カベルネとのバランスが悪い。

早めに抜栓するか、グラスに注いでおくとよいと思う。
バランスが整ってくると、カベルネの骨格にうまく厚みが加わり美味しく飲める。

a0088939_11290321.jpg
ジビエはないので鶏肉でトマト煮を作る。
味はバッチリだったが、ワインとのバランスはまずまずでバッチリには?マーク。
トマトより醤油系の味、すき焼きとか照り焼きとかの方が合いそうなワインだった。

[PR]
by youlovechiko | 2018-01-19 11:33 | 生活

お正月も終わり最初のワインは

買い物に行けず冷蔵庫の残り物で
冷凍ハンバーグを煮込みハンバーグに。

タマネギ、ニンジン、キノコを沢山入れて
ソースの味の決め手はバルサミコ酢少量で整えて。
ソースがバッチリできてまずまずの味。

a0088939_10225519.jpg
飲んだワインはスペイン、トロの
ボス ティンタ・デ・トロ2012
www.wine-echigoya.com/SHOP/bos12.html

甘いベリー系の果実香や果実味と
樽の香りが程よく感じられる。
冷凍ハンバーグではちょっと失礼なワインだった。

[PR]
by youlovechiko | 2018-01-12 10:25 | 生活

faceBookばっかりで怠けてました、その3

またしても延び延びになってしまいました。
そして年が明けてしまい、すでに16日。
遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

昨年のボージョレ・ヌーヴォーを飲むところから始まった続きの最終回と
2016年の生活の模様をお知らせします。
まず昨年の続き


a0088939_15423164.jpg

2015/11/9 メルパルク東京での試飲会
最も印象に残ったのがコレ


a0088939_15435913.jpg
アレスティ トリスケル・アッサンブラージュ グラン・レゼルバ2012

「日本で飲もう最高のワイン2015」専門家部門ゴールドメダル,愛好家部門プラチナメダル受賞のアレスティ トリスケル・アッサンブラージュ グラン・レゼルバ2012
カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、プティ・ヴェルドをブレンドして造られる、素晴らしいバランスのワイン。
チリワインのコスパの高さは侮れない。



a0088939_15491453.jpg
アナヨン・セレクシオン2011 グランデズ・ビノス・イ・ビニエドス
2015/11/9 ANAインターコンチネンタルホテル

またまた試飲会のハシゴ
芝公園から地下鉄を乗り継いで六本木一丁目へ。
ANAインターコンチネンタルホテルで開催されているスペインワイン試飲会へ。
実はもう一か所あったのだけれど、3連ちゃん懲りたから2か所で止めておいた。

相変わらずの大盛況で超満員。
私のお気に入りアナヨン・セレクシオン2011 グランデズ・ビノス・イ・ビニエドスを飲んで、サ~と見回り試飲会終了。
この試飲会でこんなのを見つけた


a0088939_1674640.jpg

DOカリニェナのカリニュス。
ちょうど飲み頃になってきていて美味しく飲める。
仕入れておいて存在を忘れていた。近日中に販売予定。
価格は税込1,280円



a0088939_16142158.jpg
コディセ2013
2015/11/16 自宅にて
夕食の材料が何もなくなり、さば味噌煮缶とホールトマトの煮込み。
こういう時にお似合いなのがコディセ2013

と思ったけど、コディセは益々エレガントになってきている。



a0088939_16181029.jpg

そして2015年11月20日、faceBookばっかりで怠けてましたの最初に投稿した
ルイ・テット ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュヴェ・サントネール2015となる。

そこから約2か月、今日2016年最初の投稿に続くのだ。


a0088939_16222383.jpg

2016/1/2 2016年も武蔵国一宮,大宮の氷川神社へお参りから
一年の計は元旦にあり、なのだけど、元日は寝正月、飲み正月で行動しないのだ。
私の場合、新年は2日から、こればっかりは歳とっても改まらない。


a0088939_1628497.jpg
カサルファルネート ヴェルディッキオ・スプマンテ・ブリュット
20161/3 ランチは生ハムサラダにチーズ、そしてイタリアの泡
カサルファルネート ヴェルディッキオ・スプマンテ・ブリュット

正月に限らず、昼ちょこっと飲むにはもってこいの泡。
箱根駅伝見ながらちょこっとでは済まず全部飲んでしまった。



a0088939_16322157.jpg
シャトー・ルー・ド・ボッセ2014
2016/1/11 自宅にて
金メダル受賞ボルドーワイン6本セット送料無料の1種類の試飲を兼ねて。
金メダルW受賞のシャトー・ルー・ド・ボッセ2014と正月の残り物、鴨のロースト赤ワインソース。

カベルネとメルローが50%のブレンドだが、完熟したメルローの甘いカシスやスパイスのアロマがあって美味しく飲める。
と言うことで現在金メダル受賞ボルドーワイン6本セット送料無料好評販売中。

今年もこんな感じで延び延びのブログになりそうです。
[PR]
by youlovechiko | 2016-01-16 16:49 | 生活

faceBookばっかりで怠けてました


a0088939_17561816.jpg
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュヴェ・サントネール2015
1日遅れのヌーヴォー解禁、11月20日にボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュヴェ・サントネール2015を開けた。
当たり年と評判の2015、糖度が高く熟していて、キャンディー・フルーツの液体のよう。
そのあとから、樹齢100年超の複雑さがしっかりと感じられる。確かに例年より果実味が凝縮しているヴィンテージだ。

と、7月から1回も更新しなかったのでfaceBookの投稿をこちらでも公開。
前回の投稿のすぐあとの7月8日


a0088939_1865511.jpg
バルバレスコ ソリ・ヴァルグランデ
大宮での試飲会。
グラッソ・フラテッリのバルバレスコ ソリ・ヴァルグランデ2002
今販売中なのは2000
熟成感があって美味しいバルバレスコだ。

7月13日


a0088939_18121659.jpg
ボス ティンタ・デ・トロ・ロブレ2012
自宅にて、ムンドス・ヴィニ2014金メダルのボス ティンタ・デ・トロ・ロブレ2012
ディッシュはスパイスを利かせたマグロステーキ。
トロのワインでも最近はエレガント。

7月27日

a0088939_18191684.jpg
ビーニャ・アデライダ ブルット・ナトゥーレ
自宅にて、旨安のカバ、ビーニャ・アデライダ ブルット・ナトゥーレ
ノン・ドサージュで、シャンパンのようなブリオッシュのニュアンスがある。
トマトソースにたっぷりチーズをかけて。
今年の夏は異常に暑かったので、こんな泡が美味しい時だったな。

7月27日


a0088939_18235887.jpg
ロッソ・フォスコ ランブルスコ・セッコ
自宅にて、カンティーナ・フォルミージネ・ペデモンターナのロッソ・フォスコ ランブルスコ・セッコ
甘いロッソ・フォスコの中では珍しい辛口。
こういうジャンクフードには最高に合う。

8月3日


a0088939_18272965.jpg
カーヴ・ド・リュニー クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット
自宅にて、またまた手抜きでスーパーで買った生ハムとパリ・コンクール金メダル受賞のカーヴ・ド・リュニー クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット
コレ、かなりいい。
クレマンが高騰してきているので、この価格はありがたい。

8月11日


a0088939_18324233.jpg
アルバリーニョ・グラン・リバド2013
自宅にて、トマダ・デ・カストロのアルバリーニョ・グラン・リバド2013
アルバリーニョはイタリアのがヴィと同じでクオリティーに対して高いイメージがあったが
このアルバリーニョ、果実味がしっかりしていて、ミネラル感や塩っぽさなど、特徴が良く出ている。
ホタテのソテーとの相性バッチリだった。

8月17日


a0088939_18374336.jpg
タメリーニ ソアヴェ
自宅にて、タメリーニのソアヴェ
飲んだのは2013、現在販売中は2014
ソアヴェって水っぽいイメージだったが、このワイン飲んでからは
ソアヴェは果実味がしっかりとしたワインというイメージに変わった。
ワンパターンのトマトソースで。

8月30日


a0088939_1843297.jpg
ドン・クリストバル1492 マルベック・オーク・リゼルヴァ
自宅にて、前回投稿した試飲会でお土産にもらったドン・クリストバル1492 マルベック・オーク・リゼルヴァのミニチュアを開ける。
ディッシュは鶏もも肉のソテーと長ネギごま油。
マッチングはイマイチだったが、ワインは美味しい。
アルゼンチン・マルベック恐るべし。

もっと恐ろしいことが!!!


a0088939_18481080.jpg

カードのなりすまし詐欺に遭い、90,000円ダマされた(T_T);

9月2日


a0088939_1852761.jpg
アナヨン・シャルドネ


a0088939_18532942.jpg
フィンカ・ビリャクレセス プルノ
横浜、崎陽軒本社での試飲会。
アナヨン・シャルドネはこのインポーターとの取引が始まった記念のワイン。
試飲会場でも大好評だった。
フィンカ・ビリャクレセス プルノは駒沢で行われた肉フェスでダントツに売り上げたワイン。
肉フェスというより、フレンチ・レストランで飲みたいエレガントさや落ち着きがある美味しいわいんだ。

9月7日


a0088939_185878.jpg
ラ・プラヤ ブロック・セレクション・レゼルヴ クラレット2012
自宅にて、酷暑も治まってきたので、鉄板焼きとラ・プラヤ ブロック・セレクション・レゼルヴ クラレット2012
インポーターが取扱いを止めてしまったので在庫限り。
5,000円クラスのボルドーワインと比べたお客様もいるコスパ抜群のワインだ。

9月10日
アカデミー・デュ・ヴァン青山校にて、シャトー・パルメのテイスティング・セミナー


a0088939_1931760.jpg



a0088939_1933673.jpg

クラッシュせずに美味しくいただいてきた。
セカンドのアルタ・エゴは残してきたが。

9月14日


a0088939_195466.jpg
サレンタイン・レゼルヴ・カベルネ・ソーヴィニヨン2011
自宅にて、ビーフシチューとサレンタイン・レゼルヴ・カベルネ・ソーヴィニヨン2011
ミシェル・ロランとカテナにいたホセ・ガランテという最強コンビで造るカベルネ。
重厚で美味しいカベルネだ。

9月28日


a0088939_198377.jpg
シャトー・マルジョス・ルージュ2010
自宅にて、秋鮭のムニエル、きのこのソースとシャトー・マルジョス・ルージュ2010
シュヴァル・ブラン、ディケムの支配人、ピエール・リュルトン氏所有のワインは、生産者の気品が伝わってくるようなワイン。

10月5日
強行3連ちゃん試飲会
第1会場:銀座


a0088939_19134026.jpg

ドメーヌ・デ・ランブレのモレ・サン・ドニ。
このクラスになると美味しいのは当たり前かな。

第2会場:表参道


a0088939_1916824.jpg

ラングドックのレ・グレ
素晴らしいワインだが、ラングドックのワインに4,000円を支払うか?
と言うことで取りやめに。

第3会場:半蔵門


a0088939_19183988.jpg
アバニコ・セレクション ロス・コルミリョス2011
ここで急激に疲労感がでてきた、3連ちゃんはもうやらない。
でも無理して良かった。
このアバニコ・セレクション ロス・コルミリョス2011
神の雫にもでてくるワインで、パワフル&エレガンスが両立している素晴らしいワインだ。

10月8日
3連ちゃんの疲れが抜けないまま虎ノ門での試飲会


a0088939_1923151.jpg

クルニ2012 オアジ・デリ・アンジェリ
クプラ2010 オアジ・デリ・アンジェリのブース。
相変わらずパワフルなクルニとエレガントなクプラ



a0088939_1926402.jpg

帰りは虎ノ門から新橋まで歩いて帰る事に。
愛宕神社へはここから登れるのだが、せっかくだから正面の男坂の階段を上がってお参り。



a0088939_1928529.jpg

虎ノ門ヒルズ前の交差点。ここを通って新橋へ。
今日はこの辺で。続きは近日中に投稿予定。
[PR]
by youlovechiko | 2015-11-21 19:30 | 生活

レンチン・レシピを公開

またまた1か月以上空いてしまったので
正月よりちょいちょい作っているポテトとツナのレンチン・レシピを公開。
といっても、クックパッドのレシピにちょっとアレンジしただけ。

まず用意する物


a0088939_19163944.jpg

シリコン製のレンチン容器。

ここにジャガイモのスライスを入れ、味付け塩コショーで下味をつける。


a0088939_1936473.jpg


クックパッドは塩、コショーでやっていたと思うが、この味付け塩コショーは便利。
そして大きく違うのはスライスオニオンを加える事。
ジャガイモにもツナにも良く合うオニオン。


a0088939_19401492.jpg


これで蓋をして500Wのレンジで2分チン。
ツナはマヨネーズであえる。
165gの大きい缶だったので半分の量、小さい缶なら1個分


a0088939_19462740.jpg


レンチンしたジャガイモとオニオンをアルミホイルに敷き
その上にマヨネーズであえたツナを敷き詰めて
粉チーズ、ブラック・ペッパー、お好みのハーブ、私の場合はドライ・バジルをかけて


a0088939_19494831.jpg


これをオーブントースターで3分チン


a0088939_19503912.jpg

飲んだのはピノ・ローザ・フリザンテ
コルクがきつくて、普通のコルク抜きでは抜けないので
現在は販売を見合わせている。

ドライ・バジル使う時は、イタリアのドライな白ワインやプロセッコに良く合う。
おススメはコレ、ザルデット プロセッコ・エキストラ・ドライ

ただ並べてチンするだけの簡単料理。
なので失敗は絶対になし、しかも美味しい。
[PR]
by youlovechiko | 2015-02-10 20:00 | 生活

2015年明けましておめでとうございます

2015年も昨年同様、元日は寝正月。
1年の計は元旦にあり。だけど・・・・・

2日より新年の始まりと言うことで、武蔵一ノ宮、氷川神社へお参りに。


a0088939_12513850.jpg


最寄駅は大宮だけど、一つ手前の新都心駅で下車、約30分歩いて神社へ。
家内安全と商売繁盛を祈願して帰宅。

正午を少し回った頃、箱根駅伝を見ながら。


a0088939_12551780.jpg

昨年クックパッドで見つけたじゃがいもとツナの料理とロゼのフリザンテで昼食。

そして夜。


a0088939_12584559.jpg

卓上コンロを使用して、アツアツのすき焼きもどきのすき煮とラ・プラヤ クラレットをいただく。

やっぱり今年もこんな1年。
2015年もよろしくお願いします。
[PR]
by youlovechiko | 2015-01-05 13:03 | 生活

トラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ・リゼルヴァで鮪のシチューをいただく



a0088939_17481570.jpg

先週いただいたメバチマグロのステーキの残り
血合いの部分でシチューを作った。

ガーリックをたっぷり炒めたので臭みはないが
身の部分と違ってバサバサ。もっと煮込んだら良いかも。



a0088939_17493747.jpg
トラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ・レセルヴァ2011

合わせたワインはウルグアイのトラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ・レセルヴァ2011
5月に飲んだ時に、かなり良い状態になっていたが
今回は本領発揮、少々のスワリングで私好みのアリアンツァ「協調」したワインになる。

マルセランのきれいな酸と熟した果実の甘味
タナの逞しさとメルローの凝縮感ある果汁濃度。

ただ、開けただけで飲むとまだ閉じ気味なので
ボールの容量が大きなグラスで十分に空気を送り込んでから飲んで欲しい。
[PR]
by youlovechiko | 2014-11-11 17:59 | 生活

シャトー・トゥール・サン-ジョセフで秋鮭のムニエルをいただく

今週の月曜日の晩餐。
めっきり涼しく(寒く)なってきたので、ビーフシチューでも
と思ったのに、あいにく牛肉のちょうど良いのが品切れ。
いつものパターンになってしまうが秋鮭が美味しそうだったので
宮城県沖産秋鮭のムニエルと一緒にワインをいただく。


a0088939_11405532.jpg
シャトー・トゥール・サン-ジョセフ オー・メドック・クリュ・ブルジョワ2010

先月初めのメドック試飲会でみつけてきた
シャトー・トゥール・サン-ジョセフ オー・メドック・クリュ・ブルジョワ2010

メドックのワインはエレガント。
最近イタリアやスペインが多いが、たまに飲むとやっぱりメドックはいい。

そうそう、秋鮭のムニエル


a0088939_11453212.jpg


こんな写真がスマホのアプリで


a0088939_11463168.jpg

格段に美味しそうに見えるでしょ?
[PR]
by youlovechiko | 2014-10-30 11:48 | 生活

トラヴェルサ ノーブル・アリアンツァで鰤をいただく



a0088939_12265523.jpg

月曜の晩餐。
ヴィンテージが変更になってから4度目の味見
トラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ・レセルヴァ2011

前回よりかなり良くなってきたが、まだ抜栓すぐだとバランスが悪い。
30分以上前から抜栓しておくと良いと思う。



a0088939_12295262.jpg

メインディッシュは北海道・青森沖産、天然ブリのワイン蒸し焼き。
フライドポテトもどきとまいたけを添えて。

ワインを煮詰めたソースはまいたけと抜群の相性。
鰤は美味しいことは言うまでもない。
魚が無くなるころに、バッチリのバランスになったトラヴェルサ ノーブル・アリアンツァ・レセルヴァ2011
バランスが整うと旨いな、このワイン。
[PR]
by youlovechiko | 2014-10-21 12:35 | 生活

チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン2012金メダル

金メダル受賞ボルドー6本セットが残り少なくなってきたので、仕入れようと思ったら1種類取扱い終了となってしまったので、新しいワインをサンプルで取り寄せた。


a0088939_11591674.jpg

チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン2012金メダルのボルドー
シャトー・ムーセイロン2010



a0088939_11595187.jpg

抜栓直後は収斂味があり、タンニンも硬めで渋みも強い。
メルロー主体で、30分もすると、カシスなどの黒色果実の香りに
スパイスやハーブの香りが感じられる。
果実味はしっかりと凝縮、タンニンも豊富で渋みの要素も強い。

魚じゃなくてどっしり系の肉の方が良く合うワイン。
たまたま秋鮭があったのでムニエルに合わせた。
このメインよりも良くワインに合ったのが


a0088939_1201337.jpg

鮭の上にのっている黒い物体。
ソースを作るつもりでワインを入れて煮詰めていたらこんな姿に。

黒い物体の正体はしいたけ。
味がしみ込んでいてこのワインのスパイシーな味とバッチリ。
秋鮭のムニエルも旬で美味しかった。
[PR]
by youlovechiko | 2014-10-02 12:08 | 生活