ムルソーのドメーヌ、バロ・ミロ

11月4日、銀座での試飲会で
気になった生産者がムルソーのバロ・ミロ

ブルゴーニュ・シャルドネを飲んでビックリ!
a0088939_1241196.jpg


まったくのムルソーそのもの!
ブルゴーニュ・ブランとしてはやや高めの金額だが
ムルソーだと思うとかなり安い。

そして次に飲んだのが赤ワインのキュヴェV
パストゥグランなのだが、ピノ・ノワールの比率を高くした
日本向けの特別版らしい。



a0088939_128622.jpg


最初に香るアロマは、パストゥグランのものと違い
華やかなピノ・ノワールとローストされた樽の香りが混じる
複雑でエレガントな香り。

フィニッシュはさすがにガメーの特徴が現れてくるが
キュートなキャンディーフルーツのような甘味が加わるので
かえって、これはこれでいい感じ。

注目の生産者である事は間違いない。



a0088939_12132530.jpg


右が現当主のシャルル・バロ
若干30歳の若い造り手だけど
17世紀から続いている伝統は伊達じゃない。
可愛い奥様を真ん中に、悲しいかな、この歳の差の現実!
[PR]
by youlovechiko | 2009-11-05 12:19 | 試飲会・セミナー
<< 鉄板焼き ワインは一休み >>