アルタディ・セミナー&パーティー

7月2日月曜日、スペインのトップ生産者
アルタディのホワン・カルロス・ロペス・デラ・カーレ氏来日に伴う
テイスティング・セミナー&パーティーが開催された。

運良く定休日に当たり
両方ともに参加できたのは超ラッキー!

セミナー会場は青山にある
アカデミー・デュ・ヴァン東京校。



a0088939_20324170.jpg

渋谷駅に30分以上早く着いたのでヒカリエを少々見学。
平日の午後だというのに、結構人がでていた。

最近登り慣れたせいか、宮益坂が楽に登れる。
でも、蒸し暑いのでかなりの汗。
アカデミー・デュ・ヴァンに着いて、袖をまくってスタンバイ。


定刻になり、アルタディのホワン・カルロス・ロペス・デラ・カーレ氏より挨拶
そしてセミナーの開始。

スペインワインといえば
以前はただ濃いだけのワインが多かったが
アルタディでは一貫して「acidity」綺麗な酸を持ったワインを造る。

そして、テロワールに合ったワインを造る。
アルタディでは本拠地のリオハ、ナヴァーラ、アリカンテに畑を持っている。

リオハではテンプラニーリョ100%で造る「Artadi アルタディ」
ナヴァーラではガルナッチャ100%で造る「Santa Cruz de Artazu サンタ・クルス・デ・アルタス」
アリカンテではモナストレル100%で造る「El Seque エル・セケ」

スペインでも国際品種のカベルネやメルローなどの葡萄を使ったワインがあるが
アルタディはテロワールと葡萄品種にこだわったワインを造っている。

セミナーの内容を要約すると以上。

ここから実際に飲みながらのセミナー


a0088939_20353297.jpg

初めはモナストレル100%のエル・セケ2009
神の雫で東北復興のワインとして登場したワインだ。

若い時はこれくらい濃い元気のあるワインを好んで飲んだが
最近は重くて疲れる。

モナストレル種の黒色系果実の重厚な味わい。
ホワン・カルロス氏が言うようにジューシーではあるが、やはり重い。
私にはセカンドのラデラス・エル・セケくらいで良さそう。



a0088939_2044992.jpg

2番目はナヴァーラのサンタ・クルス・デ・アルタス2007
色がわかりづらいが、ガルナッチャ種なのでやや赤が強くなる。
葡萄樹は樹齢100年以上のプレ・フィロキセラ。

たっぷり土壌の栄養分を蓄えている果汁は
スパイスの香りとガルナッチャ特有の可愛いキャラクター
キャンディ・フルーツのような甘味を感じる果汁分。

そこに上質な「acidity」酸が非常に綺麗。
2004の飲み頃、サンタ・クルス・デ・アルタスはこちら

セカンドのアルタスリも同じようなキャラクターでもっとジューシー
だから人気があるんだろう。


次からはいよいよ本拠地の「アルタディ」のワイン
パゴス・ヴィエホス2007、2009垂直テイスティング

a0088939_20515825.jpg

左がパゴス・ヴィエホス2007
右がパゴス・ヴィエホス2009

パゴス・ヴィエホスはリオハの中の最高の畑から5~6箇所の葡萄をセレクト
しかも樹齢の高い古樹。
アルタディの良いところを集めたエリートみたいなワインだ。

新樽熟成のヴァニラ香とベリーの香りが見事にマッチ。
骨格がしっかりとしていて、非常にエレガントな「acidity」酸。

2007は非常にエレガント。
これぞアルタディのワイン!って感じ。

2009は重厚でジューシー、果汁濃度が非常に凝縮されているワイン。
2009年は夏場暑く、秋も好天に恵まれて最高のヴィンテージになったらしい。

ただ、今飲むのなら2007
2009はまだ若く、2007のようなエレガントさがでてきていない。

パゴス・ヴィエホス2005はこちら


そして最後を飾るのが2004でワインアドヴォケイト100点を獲得した「エル・ピソン」
2007と2009の垂直テイスティング



a0088939_21115376.jpg
エル・ピソン2007



a0088939_21135125.jpg
エル・ピソン2009

こちらもパゴス・ヴィエホス同様、2007は非常にエレガント
鮮やかで骨格がしっかりとしていて果汁濃度も十分で
やはりエレガントな「acidity」酸がしっかりと主張する。

夜パーティーで飲むので
セミナーではクラッシュしようと思ったけど飲み込んでしまう。
旨いワインはクラッシュできない。


2009は暑いヴィンテージだったので
ローストやトーストのような、やや焦げた感じが感じられる。
果汁は凝縮していてジューシー。
こちらも、あと2~3年後なら申し分なくエレガントになっているはずだ。

やはり今飲むのなら2007がいいね!
エル・ピソン2006はこちら

アルタディのワインは
スペインワインという概念を覆すような素晴らしいワインばかり。
このワインを飲みながら、料理を食べてパーティー。

そんな夢の時間がもうすぐやってくる。

パーティーの模様は次回
[PR]
by youlovechiko | 2012-07-03 21:29 | 試飲会・セミナー
<< アルタディ・セミナー&パーティー 鶏唐揚げにテンプラ >>