連日の試飲会

a0088939_2021437.jpg

昨日はアカデミー・デュ・ヴァン青山
今日は芝公園にあるメルパルク東京。

会場がかなり狭く、大入り満員状態。
でも、端から順々に試飲して行こうと
最初はお目当て(というか、喉が渇いているから)泡物ブースへ。

クリスチャン・エティエンヌ、イーストの香りを強く感じるのは
暑くて喉がカラカラなせいかな?

次は1級畑のサディ・マロ カルト・ブランシュ
泡のクリーミーさはやっぱりこちらの方が上。
現在品切れになっているので、早速オーダーしておいた。
8月に入荷すればいいんだけど、入荷日未定。

今日一番のお目当て「ペユ・シモネ」
ワイナート39号特集ワンランク上のシャンパーニュ選び
グラン・クリュ・シャンパーニュ13銘柄に
グラン・クリュ ヴェルズネイの代表として
シャンパーニュ・ブリュット・セレクション・NV・グラン・クリュ
が選ばれている。これはとっても美味しいシャンパンだけど
今日のねらいはこれじゃなくてピノ・ノワール100%のブランド・ノワール。

昨年あたりから製品化されたようなんだが
数が少なくて販売はおろか、試飲会場でも見かけなかった。
今日は当主のダヴィット・ペユ氏もきていて、そのブランド・ノワールを注いでもらった。

アロマの豊かさが全然違う。
ボディのふくよかさも凄い!
ブリュット・セレクションも美味しいシャンパンだけど、スケールが違う!
迷わずオーダー、でも入荷は10月下旬らしい。




a0088939_2046112.jpg


お隣のブース、ブルゴーニュから。
ワイン漫画「神の雫」にでてきたミッシェル・ギーヤールの
ジュヴレ・シャンベルタンVV2006
漫画に出てきたのは畑名のついた「オー・コルヴェ」

写真よりもっと鮮やかなガーネットで
赤系果実の熟した果実味がぎっしり詰まっていて、あとから樽や動物系の香りが
穏やかに表情を表す、充実したジュヴレ・シャンベルタンだった。
販売している2003はお買い得だと思う



a0088939_20535642.jpg

ペユ・シモネのブース。
どちらも顔がなくて失礼。
黒いエプロンで「ブランド・ノワール」を持っているのが
ペユ・シモネ当主、ダヴィット・ペユ氏。ピンクのシャツが店長。
10番から13番まで全部で4種類、グラン・クリュ・シャンパーニュを堪能!

右下の紫の扇は非売品の特性ペユ・シモネ扇。
プラスティックみたいな素材でできていて、ブースを訪れた「女性」に
ランダムに配られていた。
[PR]
by youlovechiko | 2010-07-22 21:02 | 試飲会・セミナー
<< プチ・ピュリニー! アカデミー・デュ・ヴァンでの試飲会 >>