アルタディのディナー・パーティー

a0088939_2047610.jpg
リストランテ『シルベラード』

2010/5/17 銀座並木通りのロイヤルクリスタル銀座8Fにある
リストランテ『シルベラード』において、「ヴィーニャ・エル・ピソン」で
パーカー100点を獲得したボデガス・アルタディより
代表のホアン・カルロス・ロペス・デ・ラカーレ氏とその御子息
カルロス・ロペス・デ・ラカーレ氏を招いてパーティーが開催されました。


午後7時開場、着席するとウエルカムドリンクのサービス


a0088939_20584921.jpg
アルタディ・カバ・ブリュット2002

現在は生産本数が大変少ないため販売していないアルタディ・カバ・ブリュット2002
参考までに1998がコレ

綺麗に溶け込んだ、きめ細やかな泡。1杯では足りず、「おかわり」

開宴の午後7時30分
リストランテ『シルベラード』のマネージャー挨拶と
ホアン・カルロス・ロペス・デ・ラカーレ氏のワイン説明のあと
いよいよ料理が運ばれてきた。



a0088939_2171890.jpg

最初の小さな一品と題されたアペリテフは
三浦産新玉ねぎのムース コンソメゼリーと共に

アルタディのヴィーニャス・デ・ガイン・ブランコ2006は日本未入荷
これがコンソメゼリーの乗った玉ねぎのムースと相性バツグン!

この白ワイン、オーク樽で24カ月も熟成させているのだけれど
樽の感じが全然強く感じない。
フルーティーな果実味と果実香が樽の香りとベストマッチ。



a0088939_2113525.jpg

次は前菜
スペイン産ハモンセラーノとイタリア産2種ハムを乗せたマンゴーのタルターレ

飲んだワインは、アルタディがアリカンテで造る「エル・セケ」
モナストレル種の独特のアロマと
チョコレートやバルサミコなどの香りがするワインだ。

ハムの塩味よりも、下に敷いてあるマンゴーとトマトのタルタルが美味。
自家製?フォカッチャに皿を飾ったバルサミコのソースを付けて食べるとワインにGOOD!




a0088939_21214250.jpg

続いてはリゾット
ラディッキオのリゾットカヴァとテンプラニーリョの香り

カヴァとテンプラニーリョのワインで煮込んだリゾット。
アルタディ・カバ・ブリュット2002使ったのかな~?
テンプラニーリョは、まさかエル・ピソン使ったりなんかして・・・
そんなわけないか。

合わせたワインはアルタディがナバーラで造っている
サンタ・クルス・デ・アルタス2006

ガルナッチャ100%でできていて
キャンディのような甘味もあるが、ローストやトーストなどの香りもあり
さらにはバルサミコの香りも。
それでいて、酸がしっかりとあってとてもエレガント。
アルタディのワインは、皆エレガントな造りだ!

ガルナッチャ100%のワインを合わせるのだから
ガルナッチャでリゾット作った方がいいと思うけど
料理用のガルナッチャは無かったのかな?

でも、ワインの香りとラディッキオの食感、お米の煮込み具合がちょうど良く
美味しいリゾットでした。




a0088939_21323425.jpg

続いてはパスタ
スパゲッティー スコッテリア トリュフのせ

ワインはいよいよリオハのワイン
ヴィーニャス・デ・ガイン・ティント2007
テンプラニーリョ100%のワインで
今までのワインよりさらにエレガント。
綺麗な酸があるので、ただ重たいだけのスペインワインとは全く違う。

黒トリュフの香りはあまりきつくなくチーズの香りが優っている感じ。
美味しいパスタで、赤ワインも美味しい。
両方が引き立ち、絶妙のマリアージュ!



a0088939_21403155.jpg

メインは仔羊のロースト グリーンペッパーソース
そしてワインが2004でパーカー100点を獲得した「エル・ピソン」の2006

ヴィーニャス・デ・ガインがエレガントだと思ったら
このワインは、さらにその上をいくエレガントさ。
なんでこんなに奇麗な酸が出るのだろう?
造りも上手いのだろうけど、テロワール、畑の管理が
よほどしっかりとしているのだろう。
フランスワイン、うかうかしていられないぞ!!

仔羊は柔らかく、羊特有のにおいもなく美味しく食べたのだけど
ワインの素晴らしさが頭に残っていて、特徴が思い出せない。
中原シェフ、ごめんなさい。



a0088939_21492054.jpg

デザートはティラミスとゴルゴンゾーラのジェラート
ゴルゴンゾーラのしっかりと利いたジェラートだったので
ヴィーニャス・デ・ガインの白をもらって飲んだ。
樽で熟成しているので、ゴルゴンゾーラのチーズにも負けないボディ。
それでいてフルーティーなんだよね、この白ワイン。

隣のテーブルでも、この白ワインは大人気!

最後のコーヒーが出る前に
主催者のヴィントナーズ社担当司会者がお開きの挨拶を始めた。

時計を見ると、22:50
誰一人として退席するお客様がいない、とても満足したディナーパーティーでした。



a0088939_2156333.jpg

パーティー閉会後
満足そうな私、右隣がホアン・カルロス・ロペス・デ・ラカーレ氏
さらにその右が息子さん、カルロス・ロペス・デ・ラカーレ氏
左は通訳のお姉さん。
[PR]
by youlovechiko | 2010-05-18 22:06 | 試飲会・セミナー
<< サバのグリルとハンティング・シーズン 今度はカツオに白ワイン >>